海を愛するすべての方へ

ビーチクリーンを忘れずに
海を大切にするのは、サーファーとして最低限のマナーです。 海を汚さないことはもちろんですが、砂浜や車のまわりなど目に付いたゴミは、積極的に持ち帰るように心掛けましょう。

初心者の方へ

●まだサーフィンを始めたばかりの人は、一人でサーフィンを絶対にしないでください。 ビギナー同士で、サーフィンをするのは危険です。
かならず経験者(できればNSAサーフィン検定※3級以上)の人と海に入るのが良いでしょう。
また、NSA公認スクール※を受講するのもよいでしょう。
●海に入りたくないと感じたときは、無理せずしばらく岸で様子をみてください。無理をすると事故が起こりやすいものです。
●混雑している海は危険です。波に乗るチャンスも少ないので時間をずらしたり、別のサーフポイントで空いているところへ移動しましょう。
●カレント※は波が大きいほど強く危険になります。もしカレントに流されて危険を感じたときは、その流れに逆らわず横切るようにしましょう。
また、スープ※はあなたを岸に運んでくれます。波のないところは、かえって流されやすく危険だと思ってください。
●ショーとボード・ロングボード・ボディボードに限らず、リーシュコード※は必ず付けましょう。
●多くの海水浴場では、時期・時間帯によってサーフィン禁止です。

 

※NSAサーフィン検定・・・サーフィンの技量を検定する試験
※NSA公認スクール・・・NSA公認指導員が教えるスクール
※カレント(離岸流)・・・波が運んだ海水を再び沖へ出すために生ずる潮の流れ
※スープ・・・波が崩れた後の白い泡の部分
※リーシュコード・・・サーファーの軸足とボード、ボディボードではボードと腕、または脚をつなぐ流れ止め。

Shortboarderへ

●ショートボード※はサーフボードの先が尖っているので、十分なボードコントロールが必要です。個々のレベルに合わせて楽しみましょう。

 

※ショートボード・・・全体的に幅の狭いよく動く板。

Longboarderへ

●ロングボード※はショートボードに比べてパドルが速く、テイクオフが簡単なので波にたくさん乗ることができます。 それだからといって波を独占するのは止めましょう。ショートボーダーにも波を譲る配慮が必要です。
●ロングボーダーは原則的にショートボーダーたちよりも沖で波を待ってください。
テイクオフにハンディキャップのあるショートボーダーたちと同列で波を待つのは止めましょう。

 

※ロングボード・・・9フィート(約274.3cm)以上のノーズワイドな板。

Bodyboarderへ

●ボディボーダーとサーファーとの接触が増えています。
ボディボード※は腹ばいになってライディングをしますので、サーフボードがボディボーダーの頭部、顔に接触しやすいので互いに注意が必要です。ボディボーダーのケガは、重度のケガが多いのでサーファーも注意してください。
ボディボーダーも強引なテイクオフは止めましょう。
●ビギナーのボディボーダーは、混雑したサーフポイントで練習するのは危険です。 海水浴場ではサーフィンは禁止していますが、ボディボードだけは許可しているところが多いので、ビギナーは安心して練習ができます。また必ずフィン※をつけて練習してください。

 

※ボディボード・・・ソフトボードで長さ5フィート(152.4cm)以下のもの
※フィン(足ヒレ)・・・ゲッティングアウトやテイクオフに必ず必要な道具