Dear Global Surfers, Statements from ISA/NSA President

オリンピック関連2015.10.2
Dear Global Surfers, Statements from ISA/NSA President on Recommendation of Surfing for Olympic Games Inclusion

 

Tokyo 2020’s announcement today is an extraordinary moment for our sport and for the global Surfing Community. The ISA has been riding an amazing wave in this journey for Olympic inclusion and we are thrilled that Tokyo 2020 recognise the exceptional value and youthful lifestyle that Surfing can bring to the 2020 Games. We are deeply grateful to Tokyo 2020 and the IOC for providing us with this wonderful opportunity. We are immensely proud of our sport and what it would bring to the Games and we will continue to work closely with the Olympic Movement to achieve our Olympic dream.

Today’s announcement gives us renewed drive and focus and we are looking forward to working closely with the IOC and Tokyo 2020 in the crucial months ahead to deliver the best possible solution to the IOC Session in Rio.

 

ISA President, Fernando Aguerre

 

 

As a representative of Nippon Surfing Association(NSA), I would give statement on the decision to recommend that Surfing is included on Sports Programme for the Tokyo 2020 Olympic Games.

Today, Tokyo 2020 decided that ‘Shortboard’ in Surfing games to be recommended to International Olympic Committee (IOC) for inclusion in Tokyo 2020 Olympic. Each 20 players from men and women, 40 players in total will play. I express sincere gratitude to Tokyo 2020.

In the year of 50th anniversary of NSA, we took a new step in the history of Surfing both in Japan and all over the world. We expect that the sports will receive more attention and continue to develop as a sports.

NSA will continue to take actions to prevail correct knowledge of Surfing and also make an efforts to develop Japanese players who are able to win global games.

I reiterate my respects and thanks to every person who supported our activity for Olympic Games inclusion.

 

NSA President, Atsushi Sakai

最新情報

  • 日本代表2020.7.21

    オリンピック一年前検証案内取材自粛のお願い

    一般社団法人 日本サーフィン連盟(NSA)(事務局:東京都新宿区霞ヶ丘町、理事長:酒井厚志)は、オリンピック期間と全く同じ日程、同じ時間帯、同じ場所でオリンピックを想定した動きを予行演習しておくことで、オリンピック当日の不確定要素を減らし、心身ともに万全の状態で迎えられるようにすることを目的とし...

    詳しく見る

  • 日本代表2020.7.16

    専門誌掲載レポートのお知らせ -波乗りジャパンを支えるー

    波乗りジャパンを支える医療・栄養分野の専門家レポートをご紹介いたします。   「サーフィン競技における疾病・外傷・障害の特殊性」 臨床スポーツ医学第37巻 第4号 別刷(2020年4月) 特集 競技種目別医療に必要な知識ー東京2020に備えてー 「ウォータ...

    詳しく見る

  • お知らせ2020.7.10

    大会・イベントの開催に向けた感染拡大予防ガイドライン

    日本サーフィン連盟では、新型コロナウイルス感染症対策における大会イベント・ガイドラインを、現時点での感染予防策に留意しつつ作成いたしました。新たな生活様式と日常を踏まえ、今後は感染対策を施して活動に臨んでいただきたく思います。   新型コロナウイルス感染症の終息には、まだし...

    詳しく見る

  • お知らせ2020.7.1

    海岸で安全に楽しむために!みんなで海を守ろう!

    今夏は、海水浴場開設なしの地域も多くあり、新しい生活様式に合わせた、新しい海岸利用が求められています。より安全な海岸利用のために、サーフィン愛好者の皆さんにも、ぜひ水辺の事故防止に向け、ご理解とご協力をお願いいたします。   同じ海を愛するものとして、日本サーフィン連盟と日本ラ...

    詳しく見る

  • お知らせ2020.6.24

    サーファーの皆様へ、夏の安全な海岸利用についてご協力のお願い

     日ごろから、日本サーフィン連盟の活動にご理解、ご協力いただき誠に有難うございます。    新型コロナウイルスの影響をうけて皆様におかれましても、新たな生活様式を取り入れた活動対応に追われている大変な時期かとお察し致します。  6月19日より、政府発表の段階的緩和によ...

    詳しく見る

PageTop