• トップ
  • ニュース
  • フランス・ブラジル 2017 ISA World Surfing Gamesに出場する自国代表のトップ選手を発表!

フランス・ブラジル 2017 ISA World Surfing Gamesに出場する自国代表のトップ選手を発表!

お知らせ2017.4.10
カリフォルニア州ラホヤ、2017年3月30日 – ホームチームのフランスとサーフィン大国のブラジルは、フランス・ビアリッツで開かれる2017 ISA World Surfing Gamesに出場する自国代表のトップ選手を発表した。
 
ブラジルのMiguel PupoとWiggolly Dantas、そしてフランスのJeremy Flores、三者共に2009 ISA World Surfing GamesゴールドメダリストとフランスのトップランクプロのJohanne Defayが、5月20日から28日にかけて、ビアリッツの有名なサーフポイント”グランデ・プラージュ”で自国National Surfing Teamsのゴールドメダルの獲得のために戦う。
 
ホスト国であるフランスは、WSLチャンピオンシップ・ツアーのサーファー4名を迎えて、ゴールドメダル獲得を狙う。レユニオン島出身のFloresとDefay率いるチームフランスは、Joan Duru、Pauline Adoを迎え、4月には最後に男性のサーファーを発表する予定。
 
ホスト国に挑戦を挑むのはチーム・ブラジル、World Team Titleにふさわしい強力なラインナップ3人のSL CTサーファーを集めた。チームブラジルには、パワーサーフィン兄弟WiggollyとWeslley Dantas、その他Pupo、Ian Gouveia、Jaqueline Silva、Suelen Naraisaも共に出場する予定。
 
これから数週間のうちに、多くのナショナルチームがこのイベントのために出場選手の発表する予定で、国の参加記録を破るものと予想される。チーム南アフリカは、元WSL CTサーファーBianca Buitendagと、2015と2016年のISA World Teamチャンピオンのコスタリカとペルーはそれぞれチームメンバーをまだ発表していない。強力なチームも集めているであろう。
 
2017 ISA World Surfing Gamesはオリンピックスタイルのチーム競技で、世界中のサーフィンチーム​​を集めている。
各チームは最大男性4人と女性2人の参加が許される。サーファーは、個々のメダルと共に、ISAのFernando Aguerre会長寄贈の、誰もが欲しがるISA World Team Trophyを競う。
 
 
ISA会長 Fernando Aguerre
 
世界の最も才能があるプロサーファーが集結し、自らの国を代表し2017年のISA World Surfing Gamesで競う事はとても楽しみである。ビアリッツでの大会レベルは相当な物になるであろう。この様なトップ選手が参加する事がサーフィン業界の栄光であり、 2020年のオリンピック大会へ向けて最高の機会である。
 
ナショナルチームとして競う事は、出場する国の記録となり証明されている。サーフィンはサーフィン大国だけの競技ではなく、様々な国から良い選手が輩出されていることが証明されている。この成長はスポーツとしての拡大とグローバルな成長を意味している。
今回出場するサーファーの多くは2020年のオリンピックで最初の波となる事は間違い。ビアリッツでの大会はオリンピックのプレビューとなるであろう。
 
※ まもなく日本選手も発表予定!!!
 

 

PUPO, DANTAS BROTHERS, FLORES, DEFAY AND OTHER TOP PROS CONFIRMED TO COMPETE AT 2017 ISA WORLD SURFING GAMES

Home Team France and Surfing super-power Brazil have announced some of Surfing’s top professional talent to represent their nations and compete for Gold at the 2017 ISA World Surfing Games in Biarritz, France.

Brazil’s Miguel Pupo and Wiggolly Dantas and France’s Jeremy Flores, the 2009 ISA World Surfing Games Gold Medalist, and top ranked pro Johanne Defay have confirmed their participation on their National Surfing Teams, set to vie for the honor of being crowned World Team Champion from May 20-28 at Biarritz’s iconic break of Grande Plage.

Host nation France have asserted themselves as early contenders to take Gold, featuring four WSL Championship Tour (CT) surfers. Led by the Reunion Island natives Flores and Defay, Team France will be rounded out by Joan Duru and Pauline Ado, with the final male surfers to be announced in April.

Looking to challenge the host nation for Gold, Team Brazil has put together an equally powerful line-up worthy of the World Team Title with three WSL CT surfers of their own. Team Brazil will feature the power-surfing brother tandem of Wiggolly and Weslley Dantas, accompanied by Pupo, Ian Gouveia,Jaqueline Silva, and Suelen Naraisa.

In the weeks to follow, more National Teams will announce their rosters for this edition of the event, which is expected to break records for country participation. Team South Africa has gathered a strong squad as well, led by former WSL CT surfer Bianca Buitendag, and the 2015 and 2016 ISA World Team Champions Costa Rica and Peru respectively have yet to unveil their team members.

The 2017 ISA World Surfing Games is an Olympic style team competition that gathers National Surfing Teams from around the world. Each team can field up to four men and two women. The surfers compete for individual medals and the coveted Fernando Aguerre ISA World Team Trophy, donated by the ISA President, who was first elected in 1994.

ISA President Fernando Aguerre said:

“We are thrilled that some of the most talented and explosive professional surfers in the world will represent their countries at the 2017 ISA World Surfing Games. The level of competition in Biarritz will be amazing. The participation by these great athletes is also testimony to the excitement that is building in the Surfing world for the opportunity to compete for glory on the highest sporting stage – the Olympic Games in 2020.

“The drive to compete for the national teams is also evidenced by what we are expecting to be a record number of countries participating. Surfing is no longer dominated by a few countries, as we have continually seen more top Surfing talent coming out of non-traditional Surfing nations. Such growing universality is representative of the increased reach and global growth of the sport.

“Many of these surfers have a great chance to be among the first wave of Olympic surfers in the 2020 Tokyo Olympic Games. I am excited to see what will unfold in Biarritz, as it will give us a preview of what’s to come when Surfing debuts in the Olympic Games.”

 

ISAホームページ ⇒

Posted – News Posted for Brazil News, France News, ISA News, World Surfing News.

 

 

 

 

 

最新情報

  • 大会2018.2.21

    公認大会 クラス追加につきまして

    開催予定の公認大会につきまして開催クラスが追加されました!   ■第4回 白浜スプリング CUP 大会開催日:2018年4月15日(日)   ★BBウィメン・・・20名(NSAボディーボードウィメンクラス)追加   大会詳細はこ...

    詳しく見る

  • 会員2018.2.14

    2018年度 正会員カード発送について

    平素より、日本サーフィン連盟へのご理解・ご協力頂きまして誠にありがとうございます。   さて、正会員の皆様方には、2017年12月31日を期限に『2018年度正会員』のご登録お手続きを 頂きましてありがとうございます。   ようやくですが、カード...

    詳しく見る

  • 大会2018.2.13

    公認大会 第17回 木崎浜クリーンビーチカップ エントリーにつきまして

    2/16(金)がエントリーの締め切りですが、2/19(月)以降に宮崎県サーフィン連盟のHP(http://miyazakisa.info/)にて エントリー確認のため、お名前だけ公開します。 各自エントリー完了の確認をお願い致します。   大会詳細はこちら...

    詳しく見る

  • 資格2018.2.7

    主催大会専任ジャッジ 応募受付中です!

    主催大会専任ジャッジ 応募受付中です!!!   本年度は、下記NSA主催大会のうち、ジャッジをご希望される大会を 応募締切日3月9日(金)までに申請いただくこととなりました。   ※応募について※   1. 応募資格(下記2...

    詳しく見る

  • 大会2018.2.6

    公認大会 第17回 木崎浜クリーンビーチカップ 追加募集決定!

    2018年3月3日(土)開催 公認大会 第17回 木崎浜クリーンビーチカップの追加募集が決定いたしました。   Gマスター/カフナクラス、ロングボードメンクラスが対象です。   エントリー期間は2018年2月16日(金)までです! お申込みをお忘...

    詳しく見る

PageTop