• トップ
  • ニュース
  • 緊急事態宣言の一部解除を受けて ~全日本選手権の開催について~

緊急事態宣言の一部解除を受けて ~全日本選手権の開催について~

お知らせ2020.5.15

 会員の皆様には、長期に渡る外出自粛にご理解をいただき感謝いたします。そして、都道府県をまたいでの移動規制、行政機関の指示の厳守にご協力いただきありがとうございます。全国70支部の支部長の皆様におかれましても、各地でガイドラインの徹底、サーファーのモラル・マナー向上の為の活動に心より感謝致します。

 

 昨日、8都道府県(北海道、東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、京都)を除く39県について緊急事態宣言が解除されました。

 上記8都道府県については今までと同様の取り組みを継続してください。

 解除された地域では社会経済活動を段階的に再開する事となりますが、継続して感染予防の徹底が重要となります。

 

 サーフィンは野外で、海上で行うスポーツです。野外で海に入ることは、心身共に健康になり、免疫力も高くなると言われています。太陽の下で海水に浸かる事で、セラピー効果が期待できる健康維持に適したスポーツでもあります。

 個人スポーツとしてのサーフィンは、密閉も密集も密接もほぼ無いことから、「三つの密」には値しないと考えます。ただし、新型コロナウイルス感染症対策においては、移動にともなう立寄り、海岸や駐車場で海に入る前、入った後などでの集まりなどは、「三つの密」に値します。

 

 新型コロナウイルスを想定して「三つの密」の回避を守り、感染防止策を取ってください。サーフィンにおいても以下のような「新しい生活様式」の実践例を取り組んで下さい。

 

○個人、少人数で海に行く。

○海岸や駐車場などで集まらず、着替えて速やかに海に入る。

○海から上がったら、着替えて速やかに帰る。

○陸にいる時はマスクを着用、こまめに手洗い消毒をする。

○混んでいる海、混んでいる時間帯は避ける。

○海の中でもお互いに十分な距離をとる。

○握手などのコミュニケーションは避ける。

○移動の際は立ち寄らずに真っ直ぐ帰宅する。

など

 

 今後も、日本政府の発表、都道府県、市町村からの指示を必ず守って下さい。サーフポイントごとに置かれている状況は違っています。地元住民への配慮は重要です。地元地域から出されているルールに従ってください。

 回復の兆しはありますが、未だに予断を許さない状況です。不要不急の都道府県をまたいでの移動はやめましょう。多くのサーフポイント、観光地の駐車場は閉鎖されている所が多く、受入れ拒否の指示が出ていることを良く理解して下さい。

 

 感染防止の対策が進めば、社会的に野外での活動がもっと容認されるようになるでしょう。とはいえ、各支部、サーフポイントごとに、それぞれの地域にあったガイドラインがあります。それらを踏まえた上で、どの様にサーフィンをやっていくのかを考え、感染防止を前提とした新たな生活様式、ライフスタイルを実行していただきたいと思います。

 感染防止策を講じてコロナウイルスに打ち勝ちましょう。少しでも早く通常の生活を取り戻すために、努力を継続していきましょう。

 

全日本選手権について

 毎年8月に予定している全日本選手権大会ですが、今年度は新型コロナウイルスの影響を鑑み、開催地とも協議を重ねた結果、誠に残念ながら開催を断念させていただきます。

 全国支部の皆さまには支部予選の準備など、大変ご迷惑をおかけして居りましたが、今年度は今まで通りの全日本開催は不可能であるとの判断に至りましたので、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

 開催地の田原市からは、2021年度、コロナが終息したらぜひ開催をとの打診を受けております。皆さまが安全に大会に臨めるよう、感染防止策踏まえた新たな全日本に向け対応を検討して参りますので、今後も何卒、ご協力とご支援をお願い申し上げます。

 

 なお、当連盟として、新型コロナウイルス感染拡大の収束後に向け、新たな生活様式に適応した、主催大会、講習会、イベントを今後も引き続き検討して参ります。参加人数の縮小や日程の短期化など、主催大会につきましても新たな形に変えての開催を目指したいと思います。

 小規模イベントやネット環境を利用しての講習会等の準備も、鋭意進めて参ります。詳細が決まりましたら改めてお知らせいたします。

 

 引き続き、支部会議等の開催については、5/24まで、WEB会議やSNSの利用を促し、人との接触を避けてください。また、6/10までNSA事務局の一部業務を休業、及び時差出勤、テレワークでの対応を延長して行なわせていただきます。ご迷惑をお掛けいたしますが、メールにてご連絡頂ければ担当者からご連絡いたします。

 

 政府は5/21に改めて解除の可否を判断する見通しであるとのことです。新たに発表がありましたら、日本サーフィン連盟としてまたインフォメーションしてまいります。

 

 最後になりましたが、今回の新型コロナウィルス感染症に対し、長期に渡り医療体制に携わる医療関係の皆様に、心より感謝と敬意を申し上げます。

 

2020年5月15日

日本サーフィン連盟

 

最新情報

  • 日本代表2020.7.21

    オリンピック一年前検証案内取材自粛のお願い

    一般社団法人 日本サーフィン連盟(NSA)(事務局:東京都新宿区霞ヶ丘町、理事長:酒井厚志)は、オリンピック期間と全く同じ日程、同じ時間帯、同じ場所でオリンピックを想定した動きを予行演習しておくことで、オリンピック当日の不確定要素を減らし、心身ともに万全の状態で迎えられるようにすることを目的とし...

    詳しく見る

  • 日本代表2020.7.16

    専門誌掲載レポートのお知らせ -波乗りジャパンを支えるー

    波乗りジャパンを支える医療・栄養分野の専門家レポートをご紹介いたします。   「サーフィン競技における疾病・外傷・障害の特殊性」 臨床スポーツ医学第37巻 第4号 別刷(2020年4月) 特集 競技種目別医療に必要な知識ー東京2020に備えてー 「ウォータ...

    詳しく見る

  • お知らせ2020.7.10

    大会・イベントの開催に向けた感染拡大予防ガイドライン

    日本サーフィン連盟では、新型コロナウイルス感染症対策における大会イベント・ガイドラインを、現時点での感染予防策に留意しつつ作成いたしました。新たな生活様式と日常を踏まえ、今後は感染対策を施して活動に臨んでいただきたく思います。   新型コロナウイルス感染症の終息には、まだし...

    詳しく見る

  • お知らせ2020.7.1

    海岸で安全に楽しむために!みんなで海を守ろう!

    今夏は、海水浴場開設なしの地域も多くあり、新しい生活様式に合わせた、新しい海岸利用が求められています。より安全な海岸利用のために、サーフィン愛好者の皆さんにも、ぜひ水辺の事故防止に向け、ご理解とご協力をお願いいたします。   同じ海を愛するものとして、日本サーフィン連盟と日本ラ...

    詳しく見る

  • お知らせ2020.6.24

    サーファーの皆様へ、夏の安全な海岸利用についてご協力のお願い

     日ごろから、日本サーフィン連盟の活動にご理解、ご協力いただき誠に有難うございます。    新型コロナウイルスの影響をうけて皆様におかれましても、新たな生活様式を取り入れた活動対応に追われている大変な時期かとお察し致します。  6月19日より、政府発表の段階的緩和によ...

    詳しく見る

PageTop