• トップ
  • ニュース
  • DAY2
    2017 Stance ISA World Adaptive Surfing Championship
    アダプティブサーフィン世界選手権(障がい者サーフィン世界戦)

DAY2
2017 Stance ISA World Adaptive Surfing Championship
アダプティブサーフィン世界選手権(障がい者サーフィン世界戦)

日本代表2017.12.2

CAラホヤビーチで開催中のアダプティブサーフィン世界選手権「2017 Stance ISA World Adaptive Surfing Championship」。大会2日目も初日と同じ位の波のサイズをキープし、コンテストには素晴らしいコンディションに恵まれスタートしました。

 

日本人選手の戦い、まずはAS1で伊藤選手と本田選手が同じヒートで挑みました。伊藤選手はミドルサイズの波に技を入れ、アベレージ得点を獲得。昨日のバックアップスコアを上げ、好調ぶりを見せてけていました。一方、本田選手は、最後のライティングでようやく本来の動きを見せることとなり、上がってきて「自分でも納得のライティングが出来た」と話していました。なお、このヒートの結果は、伊藤選手がQFに進出、本田選手は残念ながら敗退となりました。
次はAS5の藤原選手。ヒート序盤に技の入った大きな波を果敢にメイクしてグッドスコアーを奪取。全体の3番目で次のラウンドへ進みました。
続いてAS2の勝倉選手。潮も引きに入りクローズアウトの波が多く、そのためあまりいい波に恵まれず、思うように点が伸びませんでした。同クラスの小林選手も同じく点の出る波に乗れずに終了。しかし、そんな状況の中での奮闘の結果、2人ともネクストラウンドに進む事が出来ました。
そして、本日最後に登場したのは内田選手。今年から初めて女性だけのヒートが誕生したAS1に登場。開始早々からグッドスコアを叩き出し、このクラスを一番のスコアで明日へと進みました。
さあ、明日からはいよいよ終盤戦。セミファイルが入ってきます。明日の成績次第で栄光のファイナルデーに進めるかどうかが決まります。選手達の活躍を祈ります。

 

皆さんも日本人選手の活躍を乞うご期待ください。
⇒ ISA コンテストOFFICIAL SITE

随時LIVE動画も配信しております!!

TOP写真:Kenjiro Ito(C)ISA
 

 Hiroyuki Honda(C)NSA

 Kazune Uchida(C)ISA

 

■大会名

STANCE ISA WORLD ADAPTIVE SURFING CHAMPIONSHIP

■開催地

カリフォルニア州・ラホヤ

■開催期間

2017年11月30日~12月3日

■各競技クラス

・AS-1(立って乗る方及び膝立ちで乗る方)

・AS-2(立って乗る方及び膝立ちで乗る方)

・AS-3(座って乗る方)

・AS-4(腹臥位で乗る方)

・AS-5(立って乗らず、水中にいる間や漕ぐためのサポートが必要な方)

・AS-VI(視力障害ある方)

※各クラスの詳細について⇒アダプティブサーフィン・クラス分類

 

最新情報

  • 大会2019.4.19

    Day1結果発表!第37回全日本級別サーフィン選手権2019

      ⇒ 第37回全日本級別サーフィン選手権2019_Day1  結果  ...

    詳しく見る

  • 大会2019.4.19

    大会2日目スケジュール 4月20日(土)
    マルキ駐車場優先クラスについて
    第37回全日本級別サーフィン選手権大会(2019)

    第37回全日本級別サーフィン選手権2019、明日、大会2日目のスケジュールは 朝6時30分選手集合。7時ヒートスタート予定です。   ⇒ Day2(4/20)スケジュール   ◆選手の皆様へ 駐車場利用についてお願い マルキ駐車場は駐車スペース...

    詳しく見る

  • 大会2019.4.19

    世代を超えたデッドヒートで盛り上がる2019級別in鴨川!

    初日、頭~頭オーバーの波が炸裂するマルキポイントで開催中の級別選手権。風はサイドオンショアに見舞われたものの、天候は予想に反し晴れ。セットは繋がり気味だが、ミドルサイズはトップアクションも十分狙えるコンディションで、全国から集まった猛者たちがハードに攻め続けていた。 サイズがある上、風の影...

    詳しく見る

  • 大会2019.4.19

    鴨川マルキのパワフルウェーブで級別選手権Day1開催中!

    今年度の主催大会初戦となる第37回級別サーフィン選手権がついにスタートした。保持級別にクラス分けされ、それぞれクラス毎に日本一を決する今大会。520名を超える選手が集い、朝から熱い戦いを繰り広げている。 会場となった鴨川市マルキポイントは、通過した低気圧がもたらすスウェルが届き、朝から頭~...

    詳しく見る

  • 大会2019.4.18

    4/19(金)大会1日目スケジュール・マルキ駐車場優先クラスについて
    第37回全日本級別サーフィン選手権大会(2019)

    明日のマルキポイント駐車場(AM5:00~)の利用については、以下4クラスの選手が優先になります。   ●ショートボードメン・マスター3級 ●ショートボードマスター1,2級 ●LBメン1,2級 ●LBメン3,4,5級   その他のクラ...

    詳しく見る

PageTop