強化指定選手

2016年度 強化指定選手

日本サーフィン連盟では、強化指定選手制度を導入し、選手育成ならびに競技力向上を目指した積極的な活動を進めております。強化指定選手とは、当連盟の定める選考基準を満たしたトップ選手であり、国際サーフィン連盟(ISA)が主催する国際派遣大会の日本代表選手は強化指定選手の中から選考されます。

当連盟では、強化指定選手に対し合宿を実施するなどさまざまな強化支援を行い、選手個人のスキル向上を図りながら、「常勝するチーム」を目指し団体成績を上げることを最終目標としております。世界から注目される日本代表選手を育成するため、今後とも長期的な取り組みを進めてまいりますので皆さまのご支援をよろしくお願いいたします。

※2017年の強化指定選手一覧はこちらをご覧下さい。

A指定選手

B指定選手

C指定選手

  • 川瀬 心那

  • 中塩 佳那

  • 平原 颯馬

  • 松原 渚生

  • 村田 嵐

  • 矢作 紋乃丞

強化指定選手の選考条件

A指定

下記の成績評価基準のいずれかを満たし、 次期世界大会において4位以上の成績を収める可能性が高いと認められる選手。 ①前年度におけるNSA主催大会で1位の成績を2回以上収めている事。かつ最終ランキング2位以内である選手。 ②前年度のワールドランキングが下記の範囲内であること。 ・WSLワールドランキング80位以内 ・WSLワールドジュニアランキング4位以内 ・WSLワールドジュニアウィメンズランキング4位以内 ③日本で最高位を収める可能性が高いと認められる選手。

B指定

下記の成績評価基準のいずれかを満たし、次期世界大会において好成績を収める可能性が高いと認められる選手。 ①前年度におけるNSA主催大会で4位入賞を2回以上収めている事。かつ最終ランキング4位以内である選手。 ②前年度のワールドランキングが下記の範囲内であること。 ・WSLワールドランキング100位以内 ・WSLワールドジュニアランキング16位以内 ・WSLワールドジュニアウィメンズランキング8位以内

C指定

※C指定選手はISA世界マスター選手権大会の詳細が決まり次第、発表いたします。

強化指定選手の選考方法

上記の基準に基づき、NSAが適正な分析、評価を行い選考するものとする。メンズオープンについては別途規定を設けるものとする。なお、選考の対象となる選手は、NSA及び日本を代表する選手としての品性を保ち、適切な行動・言動をもって、他の模範となる者である事を前提とする。また、U16クラス以下の選手については、義務教育期間である事により、「文武両道」のもと学業と共に専念した者である事を前提とする。

強化指定選手の強化内容

A指定

・世界大会派遣費の50%負担(派遣大会に限る) ・NSA主催大会でのエントリー費サポート ・オフィシャルユニフォームのサポート ・NSA強化合宿費用のサポート

B指定

・世界大会派遣費の20%負担(派遣大会に限る) ・NSA主催大会でのエントリー費サポート ・オフィシャルユニフォームのサポート ・NSA強化合宿費用のサポート

C指定

・世界大会派遣費の10%負担(派遣大会に限る) ・オフィシャルユニフォームのサポート

報酬金

ISA世界大会において優秀な成績を収めた者に対し報奨金を支払う。(派遣大会に限る) ※報奨金の使途は強化の為の費用とする。 ※NSAが公認した世界大会のみ適用とする。 ※参加人数が24名以下だった場合は、報奨金は50%とする。

強化指定選手のサポート期間

(1)強化指定選手に選ばれた日より平成27年12月31日までとする。 (2)前年度の実績、ランキングを対象とする。 ただし、大会開催日及びランキング対象期間の変更があった場合はこれに準じない。

PageTop