• トップ
  • ニュース
  • 2019WSGの結果を受けた 東京2020サーフィン競技の資格認定プロセス

2019WSGの結果を受けた 東京2020サーフィン競技の資格認定プロセス

オリンピック関連2019.9.26

平素より(一社)日本サーフィン連盟(以下NSA)の活動にご協力頂き誠にありがとうございます。

 

さて、東京2020出場資格取得のためのイベントの一つである「2019ISAワールドサーフィンゲームスが、2019年9月7日〜9月15日宮崎県において実施され、村上舜選手が男子におけるアジア最高位、松田詩野選手が女子におけるアジア最高位となりました。本大会の結果を受け、ISA(国際サーフィン連盟)との協議を踏まえた、NSAとしての見解をご報告致します。

 ——————————————————————————–

東京2020における出場資格認定イベント、ISA並びにNSAの見解

・日本人選手が該当する出場資格取得イベント(タイトル)の優先順位

◆2019年のワールド・サーフ・リーグ・チャンピオンシップ・ツアー:
男子トップ10、女子トップ8
◆2020年ISAワールド・サーフィン・ゲームス:
男子トップ4、女子トップ6
◆2019年ISAワールド・サーフィン・ゲームス:
男子4名、女子4名(アフリカ、アジア、ヨーロッパ、オセアニアの男女トップ選手)

・開催国枠:男子1名、女子1名の出場枠は開催国の日本に保証されるが、日本の選手が上記から資格を得るならば、2020年のISAワールド・サーフィン・ゲームスのハイエスト・ランクのサーファーに、そのスロットは再配分される。

・開催国枠は、出場資格取得のイベントで、開催国〔日本〕が出場枠を取得できなかった場合に適用される。今回、日本人選手がアジア最高位を確保したことで開催国枠は適用されない。

・2019年ISAワールド・サーフィン・ゲームスでアジアトップによる東京2020出場権は、国の出場枠として付与されるのではなく、そのタイトルを獲得した選手個人に付与される。

・最終的な基準と条件は、ISAとIOC並びにNSAとの協議により、今後変更となる場合がある。

 

<村上舜選手、松田詩野選手のオリンピック出場に関して>

 

・2019年ISAワールド・サーフィン・ゲームスにおけるアジア最高位は、東京2020出場認定資格イベント及びタイトルの一つである。現時点で、日本人において、東京2020の出場認定資格イベントでのタイトルを保有する選手は、村上舜選手、松田誌野選手の2名である。従って、両選手は、現時点で、日本人選手の中で、最も東京2020の出場に近い選手であると捉えられる。

 

・出場資格取得イベント(タイトル)としてまだ結果が明らかでない、2019年のワールド・サーフ・リーグ・チャンピオンシップ・ツアー、2020年ISAワールド・サーフィン・ゲームス、そして今回の2019 ISAワールド・サーフィン・ゲームの結果を踏まえ、東京2020に出場する日本人選手が決定する。

 

以上

 

 

<本件に関するお問い合わせ>

一般社団法人日本サーフィン連盟

強化部(担当:宗像・浅井)

〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4番2号

JAPAN SPORT OLYMPIC SQUARE 10階

電話:03-6434-7341

FAX:03-6434-7795

E-mail:info@nsa-surf.org

最新情報

  • お知らせ2020.5.29

    「新たなサーフィンのルール」印刷用ダウンロードデータ

    新型コロナウイルス感染症の拡大防止策としてNSAが作成しましたサーファーのためのガイドライン「新たなサーフィンのルール」の、印刷用データを当ホームページにアップロードしました。   以下よりダウンロードしていただき、お店や人の集まる場所での提示など、用途に限らずご自由にダウンロ...

    詳しく見る

  • お知らせ2020.5.26

    緊急事態宣言の解除を受けて

     会員の皆様には、長期に渡る緊急事態宣言にご理解をいただき感謝いたします。そして、県をまたいでの移動規制、行政機関の指示の厳守にご協力ありがとうございます。全国70支部の支部長の皆様におかれましても、各地でガイドラインの徹底、サーファーのモラル・マナー向上の為の活動に感謝致します。 &nb...

    詳しく見る

  • お知らせ2020.5.22

    緊急事態宣言の追加解除を受けて

     会員の皆様には、長期に渡る外出自粛にご理解をいただき感謝いたします。そして、都道府県をまたいでの移動規制、行政機関の指示の厳守にご協力いただきありがとうございます。全国70支部の支部長の皆様におかれましても、各地でガイドラインの徹底、サーファーのモラル・マナー向上の為の活動に心より感謝致します...

    詳しく見る

  • 会員2020.5.18

    54th全日本サーフィン選手権大会(2019) ハイライト(YEARBOOK版)

    2019年8月19日〜25日まで、高知県東洋町生見サーフィンビーチにて開催された第54回全日本サーフィン選手権大会。 1163名が集まった日本最大級のサーフィン大会をハイライトで振り返ります。     DAY1   DAY2  ...

    詳しく見る

  • お知らせ2020.5.15

    緊急事態宣言の一部解除を受けて ~全日本選手権の開催について~

     会員の皆様には、長期に渡る外出自粛にご理解をいただき感謝いたします。そして、都道府県をまたいでの移動規制、行政機関の指示の厳守にご協力いただきありがとうございます。全国70支部の支部長の皆様におかれましても、各地でガイドラインの徹底、サーファーのモラル・マナー向上の為の活動に心より感謝致します...

    詳しく見る

PageTop