2019 ISA World Longboard Surfing Championship 競技(8日目)

日本代表2019.6.3

今日の波はサイズが上がり、肩から頭、オーバーヘッドがコンスタントに入るハードなコンディションでスタートしました。
会場周辺は濃霧が発生し、競技が中断することが多々ありました。
選手は集中力とヒートスタートの調整が大変となりました。

 
本日のチームジャパンは、田岡選手が女子のメインランドに出場します。
戦いはゲッティングアウトがハード中でスタートしました。
USA、フランスが良い波をつかみ、点数を上乗せしていきます。
田岡選手は良い波に恵まれず苦戦です。
時間だけが過ぎていきますが、良い波を掴めないままヒートが終了しました。
残念ながらリパチャージでファイナル出場を目指します。

 

 

リパチャージはさらにゲーティングがハードな状況の中で試合です。
先程と同様に田岡選手はなかなか波をつかめません。
他の選手が良い波で点数を上げていくなか、田岡選手も一度はトップ順位を得ましたが、その後に逆転を許します。
最後まで波に恵まれず、残念ながら今回も高得点を得ることが出来ませんでした。
3位で惜敗です。
田岡選手お疲れ様でした。これを機にさらなる飛躍を期待しています。

 

観客も多く、大変な賑わいです

 

 

団体順位としては日本は団体7位、前回と同様の順位でした。
そのなかで、アロハカップで2位と健闘したことは次の大会へ繋がる機会を得たと考えています。
さらなる飛躍を目指してロングボードチームジャパンは頑張ります。
ご声援ありがとうございます。

<団体順位>

1 FRANCE

2 PERU

3 USA

4 BRAZIL

5 AUSTRALIA

6 GREAT BRITAIN

7 JAPAN

8 SOUTH AFRICA

9 ARGENTINA 

10 PORTUGAL

 

 

<個人成績>

男子 17位 浜瀬選手
男子 29位 北村選手
女子   5位 田岡選手
女子  31位 椛沢選手

 

 

最新情報

  • 日本代表2020.7.21

    オリンピック一年前検証案内取材自粛のお願い

    一般社団法人 日本サーフィン連盟(NSA)(事務局:東京都新宿区霞ヶ丘町、理事長:酒井厚志)は、オリンピック期間と全く同じ日程、同じ時間帯、同じ場所でオリンピックを想定した動きを予行演習しておくことで、オリンピック当日の不確定要素を減らし、心身ともに万全の状態で迎えられるようにすることを目的とし...

    詳しく見る

  • 日本代表2020.7.16

    専門誌掲載レポートのお知らせ -波乗りジャパンを支えるー

    波乗りジャパンを支える医療・栄養分野の専門家レポートをご紹介いたします。   「サーフィン競技における疾病・外傷・障害の特殊性」 臨床スポーツ医学第37巻 第4号 別刷(2020年4月) 特集 競技種目別医療に必要な知識ー東京2020に備えてー 「ウォータ...

    詳しく見る

  • お知らせ2020.7.10

    大会・イベントの開催に向けた感染拡大予防ガイドライン

    日本サーフィン連盟では、新型コロナウイルス感染症対策における大会イベント・ガイドラインを、現時点での感染予防策に留意しつつ作成いたしました。新たな生活様式と日常を踏まえ、今後は感染対策を施して活動に臨んでいただきたく思います。   新型コロナウイルス感染症の終息には、まだし...

    詳しく見る

  • お知らせ2020.7.1

    海岸で安全に楽しむために!みんなで海を守ろう!

    今夏は、海水浴場開設なしの地域も多くあり、新しい生活様式に合わせた、新しい海岸利用が求められています。より安全な海岸利用のために、サーフィン愛好者の皆さんにも、ぜひ水辺の事故防止に向け、ご理解とご協力をお願いいたします。   同じ海を愛するものとして、日本サーフィン連盟と日本ラ...

    詳しく見る

  • お知らせ2020.6.24

    サーファーの皆様へ、夏の安全な海岸利用についてご協力のお願い

     日ごろから、日本サーフィン連盟の活動にご理解、ご協力いただき誠に有難うございます。    新型コロナウイルスの影響をうけて皆様におかれましても、新たな生活様式を取り入れた活動対応に追われている大変な時期かとお察し致します。  6月19日より、政府発表の段階的緩和によ...

    詳しく見る

PageTop