一般社団法人日本サーフィン連盟

 ■2015年度主催大会の日程、会場が決定しました!
< 主催大会 >
第33回全日本級別サーフィン選手権大会(2015)
開催場所:愛知県 田原市 赤羽根町 大石海岸 他
開催期間:2015年5月15日(金)~5月17日(日)

第23回ジュニアオープンサーフィン選手権大会(2015)
第12回マスターズオープンサーフィン選手権大会(2015)
開催場所:静岡県 磐田市 豊浜海岸
開催期間:2015年6月19日(金)~6月21日(日)
※U18歳以下はプロ選手も参加可能です。

第50回全日本サーフィン選手権大会(2015)~50周年記念事業~
開催場所:千葉県 いすみ市 太東海岸~長生郡一宮町 釣ヶ崎海岸(志田下)
開催期間:2015年8月25日(火)~8月30日(日)予備日31日(月)
     ※トライアルは8月24日(月)

9th ALL JAPAN SURFING GRAND CHAMPION GAMES 2015
開催場所:宮崎県 日向市 お倉ヶ浜海岸
開催期間:2015年10月24日(土)~10月25日(日)
 ■8th ALL JAPAN SURFING GRAND CHAMPION GAMES 2014


開催地: 宮城県 仙台市 仙台新港
開催期間:2014年10月25日(土)~10月26日(日)

本大会は2014年度NSAポイントランキング上位者による年間チャンピオン決定戦です。
2014年度公認大会「白浜マリーナCUP 」終了時点の当年度NSAポイントランキング順位が本大会出場枠内の選手には、ランキング確定後当連盟からエントリー案内を郵送します。

詳細は大会ページをご確認ください。
→ALL JAPAN SURFING GRAND CHAMPION GAMES大会ページ

大会は無事に終了いたしました。選手の皆様、地元の皆様、ご協力いただきありがとうございました。
本大会をもちまして今年度の主催大会は終了となります。
来年度も皆様のご参加お待ちしております!

→大会結果


■2014年度ポイントランキングについて
2014年度ポイントランキングが確定しました!
今年度の最終戦が終わり、ランキングが発表されておりますのでご確認下さい。

→ポイントランキング
→統合ポイントランキング
■ISA 50th Anniversary World Surfing Games 派遣選手


2014年度 ISA世界選手権大会の派遣選手を発表いたします。

ISA 50th Anniversary World Surfing Games
開催国 ペルー プンタロカス
開催日 2014年10月24日~11月1日(現地時間)


<派遣選手>
メンズオープン
 松下 諒大 JPSA
 渡邊 寛 JPSA
 河谷 佐助 JPSA
 大世戸 洋司 東京

ウィメンズオープン
 大村 奈央 JPSA
 黒川 日菜子 大阪

→日本代表選手プロフィール
→ISA大会ページ

■第49回全日本サーフィン選手権大会(2014)

開催場所:宮崎県 宮崎市 木崎浜海岸
開催期間:2014年8月26日(火)~8月30日(土)




★★★LIVE配信特設サイト★★★

大会は無事終了いたしました。
皆様ご協力いただきありがとうございました。

→大会結果
→全日本サーフィン選手権大会ページ
■NSA SURFERS BEACH CLEAN ACT 2014
supported by patagonia 

今年も全国のサーファーの協力により全国一斉ビーチクリーン活動
「NSA SURFERS BEACH CLEAN ACT 2014 supported by patagonia」を開催いたします。
一斉開催日は2014年9月7日または9月14日となります。
(一部別日程での開催あり)
ご参加いただける方は是非ビーチにお越しください!
開催会場など詳細は是非活動ページをご覧ください。
→NSA SURFERS BEACH CLEAN ACT 2014
 ■2014-2015公認ジャッジ講習会
<2014年秋季公認ジャッジ講習会、ジャッジ資格試験>
開催日 2014年11月30日(日)
開催地 仙台 新潟 東京 大阪 福岡 沖縄

<2015年春季公認ジャッジ講習会(試験なし)>
東京会場 2015年1月31日(土)
大阪会場 2015年3月1日(日)

参加申込詳細は公認ジャッジ資格ページをご確認ください。
→NSA公認ジャッジページ
■サーフィン中の事故に対する注意喚起について
日頃より日本サーフィン連盟をご支援、ご協力を賜り御礼申し上げます。
サーフィンの季節とも言うべき夏を迎え、ビーチの混雑度も増してきております。それに呼応するかのごとく各地からサーフィン中の事故に対する報告が当連盟へ届いております。

このような中、神奈川県においてSUPとサーフィンの事故が発生し、女性が亡くなるという痛ましい事故が発生しました。故人のご逝去を悼み、謹んで哀悼の意を表しますともに、ご親族の皆様へお悔やみ申し上げます。

サーフィンは自然を相手に楽しむスポーツです。しかし、一つ間違えれば大事故に繋がり、リスクのあるスポーツであることを認識していただくことが必要です。そして、何よりもサーファー個人がルールとマナーを守り、譲り合いの精神を持って、より安全に楽しむことが重要です。

当連盟としましてはこれまでも事故対策等の活動に努めてきましたが、この事故を教訓として行政や関係機関と協力し、改めて安全対策の取り組みについて再考することを検討しております。

サーフィン愛好者、当連盟会員及び関係者の皆様におかれましては、事故の未然防止への認識を深めていただくとともに、今後も連盟へのご協力のほどよろしくお願いします。

一般社団法人 日本サーフィン連盟 理事長 酒井 厚志
■2014 VISSLA ISA World Junior Surfing Championship


2014 VISSLA
ISA World Junior Surfing Championship
開催国 エクアドル サリナスビーチ
開催日 2014年4月5日~4月13日(現地時間)

大会は無事に終了致しました。
Team Junior Japanへのご声援ありがとうございました!

 国別順位  7位 / 32カ国中 
アロハカップ  2位 / 8カ国中

氏名 支部 順位
U16 Boys 安室 丈 徳島 19位
野呂 海利 徳島 37位
西 優司 大阪 37位
中塩 裕貴 千葉東 22位
U18 Boys 河谷 佐助 大阪 61位
西 修司 大阪 37位
仲村拓久未 JPSA 6位
大原 洋人 ASP 16位
U16 Girls 川合美乃里 徳島 16位
大矢ひいな 湘南茅ヶ崎 19位
U18 Girls 田代 凪沙 湘南藤沢 11位
黒川日菜子 大阪 13位

→大会結果


→結団式の動画
→大会概要
→参加選手のプロフィール
→ISAの大会ページ
■ISA World Masters Surfing Championship 2014 開催中止について
2014年度 世界マスター選手権大会の派遣候補選手を下記のとおり発表しておりましたが、ISAより2014年の開催はなくなったとの正式発表がありましたのでお知らせいたします。

<派遣候補選手>
マスタークラス(35歳以上)
派遣枠2名(NSA枠1名・推薦枠1名)
1. 石田 佳央  横浜
2. 鈴木  貴   静岡2区
3. 五来  潤   茨城北
4. 青野 浩久  静岡2区
5. 寺門  剛   茨城北

グランドマスタークラス(40歳以上)
派遣枠2名(NSA枠1名・推薦枠1名)
1. 宗政 利夫  湘南西
2. 井出 牧雄  静岡伊豆
3. 澤井  革   静岡伊豆
4. 加藤 孝紀  宮城仙台
5. 古川 智也  千葉西
6. 村上 英令 宮城仙台

カフナクラス(45歳以上)
派遣枠2名(NSA枠1名・推薦枠1名)
1. 豊田 泰史  千葉西
2. 坂本 應尚  千葉南
3. 磯部 康典  湘南西
4. 小林建一郎 東京
5. 山中 雅由  広島

グランドカフナクラス(50歳以上)
派遣枠1名(NSA枠1名)
1. 高橋  誠   宮城仙台
2. 三輪 真一  静岡2区
3. 佐藤 秀男  湘南藤沢
4. 三橋 敬一  湘南茅ケ崎
5. 久野  孝   徳島
6. 瀧野  岳   大阪

ウィメンズマスタークラス(35歳以上)
派遣枠1名(NSA枠1名)
1. 清永 亜希子      湘南茅ケ崎
2. 荻原 浩子        千葉西
3. スミス・添田・奈央子  湘南西
4. 金澤 貴子        湘南藤沢
5. 百合草 綾        宮崎

※ISA年齢基準・・・
大会開催年の1月1日時点でその年齢に達していることが
条件となります。ご注意下さい。
■消費税法の一部改正に伴う料金の改定について
平素より、当連盟の活動にご理解・ご協力いただき誠にありがとうございます。さて、消費税法の一部改正が行われ、消費税率が8%に引き上げられます。このため2014年4月1日より、当連盟では一部料金について改定させていただきました。
今後もより一層のサービスの向上に努めて参りますので、引き続きご愛顧賜りますようよろしくお願い申し上げます。詳細は下記の資料をご覧ください。

→改定後の料金表
■アマチュア競技者取扱い要綱を施行について
2013年9月30日をもって、現行のアマチュア競技者登録
規定細則を廃止し、 2013年10月1日よりアマチュア競技者
取扱い要綱を施行します。
2つの規約の大きな違いは、プロ活動をしていた選手が
アマチュアに戻る 場合、今までは2年間のプロ活動停止
期間がありましたが、今回の要綱では停止期間の定めが
ないことです。

詳細は、こちらをご確認ください。

この度の東日本大震災で被災された方々へ心よりお見舞い
申し上げますとともに、お亡くなりになられた方のご冥福を深く
お祈り申し上げます。
当連盟会員及び関係各位には、余震による不測の海難事故
防止及びこの震災で亡くなられた多くの方々への喪に服す
意味で、当連盟発足以来、初めての経験である全国的な
範囲でのサーフィン・サーフィンイベント等の自粛に、素早い
対応でご協力いただき、誠にありがとうございました。
サーフィンをされる際は、被災地の救援や復旧復興活動の
妨げにならにようお願い致します。
皆様のご理解・ご協力の程宜しくお願い致します。



All Rights Reserved, Copyright1999-2006(C)Nippon Surfing Association