強化指定選手

2019年度 強化指定選手

 

NSAでは、世界の強豪と戦う日本を代表する選手を選出するため、
一般社団法人日本プロサーフィン連盟、World Surf League  Japanと協議の上、
75名の強化指定選手を選出いたしました。

 

東京2020オリンピック開催まで1年数か月、日本国内でも世界に通用するサーファーの育成を目的に、

強化指定選手を対象にした定期的な強化合宿の実施などの強化策の充実を図り、「常勝チーム」を目指しております。

2019年は新たにジュニア枠を含め、強化指定選手を75名選出しました。
東京2020オリンピックを視野に入れ、日本代表選手の個々の技術の向上と団体成績の順位を上げることを

目標に掲げ、世界から注目される「波乗りジャパン」を形成するべく、長期的な取り組みを進めております。

 

 

 

 

■2019年 強化指定選手基準

・2018年WCT選手

・2018年WQS ランキング上位8名 男女

・2018年JPSA ランキング上位4名 男女

・2018年NSAランキング上位2名 男女(メンクラス、ウィメンクラス)

・2018年、2017年世界戦、世界ジュニア代表選手 男女

・2018年世界選手権補欠1名 男女

・2018年世界Jr.選手権補欠各クラス1名 男女

  ※あくまでも基準であり、ランキングの重複等があった場合はこの限りではない。

    尚、東京2020組織委員会、IOC(国際オリンピック委員会)、ISA(国際サーフィン連盟)の規定が変更になった場合は

  NSA強化指定基準も変更になる場合があります。。 

 

【A指定選手】

CT、WQSランキング男100位以内、女50位以内

2018世界選手権、2018世界ジュニア選手権メダリスト

NSA主催大会優勝2回

 

【B指定選手】

WQSランキング男200位以内、女100位以内

2018、2017世界選手権、2018、2017世界ジュニア選手権メンバー

JPSAグランドチャンピオン

 

【C指定選手】

WQSランキング男200位以下、女100位以下

2018、2017世界選手権、2018、2017世界ジュニア選手権補欠

 

【ジュニア指定選手】

・2018年NSAジュニアクラスランキング上位4名 男

・2018年NSAボーイズクラスランキング上位8名 男

・2018年NSAキッズクラスランキング   上位8名 男

・2018年NSAガールズクラスランキング上位8名 女

  ※2018年ジュニアクラス上位4名の内、2019年にOPENクラスに上がる選手は

   2019年はMENの強化指定になります。

 

 ■強化指定選手のサポート内容

【A指定】

・世界大会派遣費用の50%サポート(派遣大会に限る)

・JOCとNSAの認める国際大会での渡航派遣等費を100%サポートする場合があります。

・NSA主催大会でのエントリー費サポート

・オフィシャルユニフォームのサポート(※NAMINORI JAPANとして派遣大会時のみ)

・NSA強化合宿費用の一部サポート

 

【B指定】

・世界大会派遣費用の20%サポート(派遣大会に限る)

・JOCとNSAの認める国際大会での渡航派遣等費を100%サポートする場合があります。

・NSA主催大会でのエントリー費サポート

・オフィシャルユニフォームのサポート(※NAMINORI JAPANとして派遣大会時のみ)

・NSA強化合宿費用の一部サポート

 

【C指定】

・世界大会派遣費用の10%サポート(派遣大会に限る)

・JOCとNSAの認める国際大会での渡航派遣等費を100%サポートする場合があります。

・NSA主催大会でのエントリー費サポート

・オフィシャルユニフォームのサポート(※NAMINORI JAPANとして派遣大会時のみ)

・NSA強化合宿費用の一部サポート

 

【Junior指定】

・世界大会派遣費用の10%サポート(派遣大会に限る)

・JOCとNSAの認める国際大会での渡航派遣等費を100%サポートする場合があります。

・NSA主催大会でのエントリー費サポート

・オフィシャルユニフォームのサポート(※NAMINORI JAPANとして派遣大会時のみ)

・NSA強化合宿費用の一部サポート

 

■強化指定選手のサポート期間

(1)強化指定選手に選ばれた日より2019年12月31日までとする。

(2)前年度の実績、ランキングを対象とする。

      ただし、大会開催日及びランキング対象期間の変更があった場合はこれに準じない。

 

 

⇒2018年度 

⇒2017年度

 

PageTop