NSA 一般社団法人日本サーフィン連盟

NEWS ニュース

【DAY4】2022 ISA WORLD SURFING GAMES

日本代表

PHOTO : ISA / Pablo Jimenez


2022ISA World Surfing Games Returning to Huntington Beach, USA
9月20日Day4

大会4日目はピア横のノースポディウムではメンズメインラウンド3,4、
そしてウィメンズメインラウンド3が行われた。

オープニングヒートにH1カノア選手が登場。
オープニングから7.5ptのグットライドを出しトータル16.17ptのハイスコアでラウンド4へ進出。
PHOTO : ISA / Ben Reed


続くH8の上山キアヌ選手は、全てCT、元CT選手と同じヒートとなるハイレベルな戦いに。
波も良く、エア、ストレートハックなどの全ての要素を加えたグットレンジを出したCT選手のミゲル・プポ(ブラジル)、
レオナルド・フィオレバンテ(イタリア)が1・2位となり、上山選手は敗者復活のリパ4へ。
PHOTO : ISA / Ben Reed

続くメンズR4ではオーストラリアのCT2名の選手と対決となったが、
2022ワールドランキング5位で終了したカノア選手が序盤にエアのバックサイドフルローテにカーブのコンビネーションで8.83を出しランド5へ進出した。


ウィメンラウンド3はH7に都筑有夢路選手と前田マヒナ選手が同ヒートにクレジット。
ヒート直後に乗ったサリー・フィッツギボンズ、都筑選手の両名がこのヒートの流れを掴みそのまま1・2位でフィニッシュ。

PHOTO : ISA / Ben Reed

前田選手は良い波を掴めず敗者復活ラウンドに進んだ。