NSA 一般社団法人日本サーフィン連盟

CERTIFIED 強化指定選手

2022年度 強化指定選手

NAMINORI JAPAN

NSAでは、世界の強豪と戦う日本を代表する選手を選出するため、
一般社団法人日本プロサーフィン連盟と協議の上、
65名の強化指定選手を選出いたしました。




強化指定選手選考基準

●シニア枠
①NSA メンクラス・ウィメンクラスランキング上位2名
②WSL2021 アジア日本人ワールドランキング上位 8 名(男女)※オリンピックシードを除く
但し、日本国籍を有し、NSA 及び JOC の規定に準じる WSL-CT 選手は強化指定選手としていつでも追加し
選抜することができる。
③JPSA 日本ランキング上位 4 名(男女)
④強化部推薦 2024 オリンピック パリ大会(タヒチ)の波に適した選手
⑤2020 東京オリンピック出場選手

●ジュニア枠 – U18・U18G・U16・U16G
①NSA ジュニアクラスランキング上位8名
②NSA ボーイズクラスランキング上位8名
③NSA キッズクラスランキング上位8名
④NSA ガールズクラスランキング上位8名
⑤強化部推薦 2024・28 オリンピック パリフランス大会(タヒチ)・ロス大会の波に適した選手
⑥強化部推薦 U16 の選手で海外またはプロで活躍する選手を選考することができる。
⑦2019 世界ジュニア選手権出場選手(コロナにより未開催のため 3 年更新とする)

●その他
・ISA 世界ジュニア選手権代表・補欠選手はナショナルチーム育成期間として登録年(参加年)より2年間を強化指定選手として更新する。(2022 年度は 3 年とする)
・マスターの強化指定選手は、世界大会の派遣決定後 C 指定選手として登録する。
・各ジュニア以下のクラスで対象年齢者が8名以下の場合、NSA ランキングより翌年の U18・U16 対象クラスに分け計8名をランキングより追加選抜する。
・ISA 世界選手権代表はナショナルチーム期間として登録年(参加年)より2年間、強化指定選手として更新することができる。

※ジュニア・ガールズクラスの強化指定選手選考者で、シニアクラスに上がる選手はシニアクラスの強化指定選手になります。


■強化指定ランク選考基準

A指定】
下記の成績評価基準のいずれかを満たし、 次期世界大会において4位以上の成績を収める可能性が高いと認められる選手。
①前年度におけるNSA主催大会で1位の成績を2回以上収めている事。かつ最終ランキング1位以内である選手
②前年度のWSLワールドランキングが下記の範囲内であること
 WSL-CSランキング日本人上位3名またはランキング50位以内
③ISA世界選手権・世界ジュニア決勝進出者(メダル獲得者)
④WCT選手
⑤日本で最高位を収める可能性が高いと認められる選手
⑥東京2020オリンピック出場選手

B指定】
下記の成績評価基準のいずれかを満たし、次期世界大会において好成績を収める可能性が高いと認められる選手。
①前年度のワールドランキングが下記の範囲内であること
 WSLランキング選考者
②ISA世界選手権・世界ジュニア選手権メンバー
③JPSAグランドチャンピオン
④強化コーチ推薦者(世界大会を基準に活動している選手)
⑤日本で最高位を収める可能性が高いと認められる選手

C指定】
次期世界大会において、好成績を収める可能性が高いと各部が認める選手。
①A,B指定以外の選手
②ISA世界選手権・世界ジュニア選手権補欠メンバー
③NSAジュニアオープン優勝者(ISA同年出場時)、JAPAN OPEN優勝者(ISA同年出場時)
④2024パリ五輪特別枠選考者
※ISA世界マスター選手権大会の代表選手は、派遣決定後C指定選手として登録されます。

JUNIOR指定】
ジュニア枠 – U18・U18G・U16・U16G
①NSA ジュニアクラスランキング上位8名
②NSA ボーイズクラスランキング上位8名
③NSA キッズクラスランキング上位8名
④NSA ガールズクラスランキング上位8名
⑤強化部推薦 2024・28 オリンピック パリフランス大会(タヒチ)・ロス大会の波に適した選手
⑥強化部推薦 U16 の選手で海外またはプロで活躍する選手を選考することができる。
⑦2019 世界ジュニア選手権出場選手(コロナにより未開催のため 3 年更新とする)