NSA 一般社団法人日本サーフィン連盟

NEWS ニュース

【DAY6】2022 ISA WORLD SURFING GAMES

日本代表

PHOTO : NAMINORI JAPAN(NSA)

2022ISA World Surfing Games Returning to Huntington Beach, USA

9月22日Day6

この日は波が小さくなり、ハイタイドには波に乗れず敗退する場面も見られるDAY6。
波乗りジャパンのオープニングヒートはメインラウンド5のカノア五十嵐選手。
スタート直後から波を奪い取り自分のリズムにもっていき終始リードしたまま1位で勝ち上がりラウンド6へ。

PHOTO : ISA / Sean Evans


続くメインラウンド4には都筑有夢路選手がクレジット。
前のヒートでは10分間波が来ずリスタートとなるコンディションの中、
ヒート間の2本のスコア出来るセット波を掴めず敗退し敗者復活ラウンドへ。

リパラウンドの敗者復活戦では、リパ6、7,8と連続で見事に勝ち上がった村上舜選手は
アウトでの切れのある技とインサイドに繋げるハンティントン特有の技術で明日のリパ7に繋げた。
PHOTO : ISA / Ben Reed


メンズデビジョンの上山キアヌ選手は10分以上も波に乗れないコンディションとなり25位で終了。
この大会で大きな成長をしただけに悔しい敗退となった。
PHOTO : ISA / Ben Reed


松田詩野選手も良い波が掴めず、セットを掴んだ選手にリードを取られ29位で敗退。