NSA 一般社団法人日本サーフィン連盟

NEWS ニュース

【DAY7】2022 ISA WORLD SURFING GAMES

日本代表

PHOTO : ISA / Pablo Jimenez


2022ISA World Surfing Games Returning to Huntington Beach, USA
9月23日Day7

いよいよ大詰めとなったワールドサーフィンゲームス2022ハンティントンビーチ。
本日はノースポディウムでメインラウンドとリパチャージが行われた。
波乗りジャパンは残す2名となりカノア五十嵐選手と村上舜選手が表彰台を狙う。

波は小さくセット間隔も非常に長くセットの波を掴んだ選手が優位となるコンディションの中、
メインラウンド6のカノア五十嵐選手は地元ならではのポジショニングや波選びとCTで培った戦略で、
同じくCT選手のナット・ヤング(USA)、ジャクソン・ベーカー(AUS)を相手に
オープニングヒートで7.83ptのグットハイをメイクしに終始リードしメインラウンドの決勝となるラウンド7に進出した。
非常に戦略的なヒートが印象的だった。

PHOTO : ISA / Sean Evans

村上舜選手はリパラウンド9に登場。
ハイタイドに重なり更に波の数も減り、2名の選手が1本のみしかライディング出来ず悔しくも敗退し11位でフィニッシュ。
村上選手はラウンド1から終始波に苦しめられたWSGとなった。


午後には昨年の上位7か国とホスト国のみがエントリー出来るが国別チーム戦のアロハカップが行われた。

PHOTO : ISA / Pablo Jimenez

日本は第二ヒートに登場したが、インターフェアを犯し、マイナス5点となり、惜しくも3位で敗退した。

PHOTO : ISA / Pablo Jimenez