NSA 一般社団法人日本サーフィン連盟

NEWS ニュース

2024パリ大会特定強化指定選手 選考基準

日本代表

<目的>

2024パリ大会会場のタヒチは巨大な波が立つ会場となるため、その波に対応出来る日本人選手に絞り、

オリンピック選考大会となるWSG2024パリ大会に向け特定の強化を行う。


2024パリ大会特定強化指定選手 選考基準

①2022、2023強化指定選手及び2022特定強化指定選手より選考(男子10名女子10名の最大20名)

②日本国籍を有しNSA及びJOCの規定に準じるWCT選手

③2022強化指定選手、2022特定強化指定選手、2023強化指定選手の中で、

過去3年間のWSL-CT、WSL-CSの中でタヒチ、ハワイなどのレフトのチューブ波の実績がある選手

④2022強化指定選手、2022特定強化指定選手、2023強化指定選手の中で、

2022年11月1日~2023年5月31日までの期間に撮影したタヒチ(チョープーのみ)またはハワイ(パイプラインなど)の男子6ft、女子4ft以上のレフトのチューブ波の映像を提出し、強化本部並びにNSA理事会にて承認された選手


対象強化選手の中からタヒチに適した技能を持つ選手に関しては、上記以外を選考することができる。

特例を除き、20232024WSGに出場する選手は、2024パリ大会特定強化指定選手の中から選考する。

怪我等やむを得ない事情により動画を提出できない選手は、強化部に一報入れること。

動画を提出する選手は、撮影場所でのトラブルに際してNSAは紛争解決や責任を負うものではない旨、了承すること。


⇒選手向け 2024パリ大会特定強化指定選手選考について 概要


⇒選手向け 【同意申請書】応募する選手は、staff@nsa-surf.orgまでお問合せください。メールにてお送りいたします。



※図中の文言を一部修正しました。<2022/01/13>

関連ニュース