NSA 一般社団法人日本サーフィン連盟

NEWS ニュース

【DAY6】2023 SURF CITY EL SALVADOR ISA WORLD SURFING GAMES

日本代表

PHOTO : Jersson Barboza

2023 SURF CITY EL SALVADOR ISA WORLD SURFING GAMES

    DAY6

    大会6日目。
    NAMINORI JAPANはWomen Main R4 Heat5、La Bocanaに松田詩野選手が出場。

    PHOTO : Pablo Jimenez

    波のサイズは頭で、セットは頭オーバーのコンディション。
    サイドオンショアで、フェイスががたがた。
    松田選手は、中盤で2ターンとリエントリ-のコンビネーションで5点代を獲得し、バックアップを上げる作戦だったが、大きなセットでインサイドに戻されるアクシデント。
    その後はプライオリティを他の選手に活用されバックアップを上げられず、
    残念ながら敗退となり、リパチャージにまわった。

    続いてMen Repechage R6 Heat2に、脇田泰地選手が出場。

    PHOTO : Pablo Jimenez

    1本目からセットを捉え、カービングとリップ連続で、7点台を獲得。
    その後に数本のライディングをしますが、得点を上げられない。
    その間に他の選手が逆転。
    ヒート終了間際に最後のチャンスとなるセットでライディングし、インサイドまで繋ぎ、
    最終コールは、大逆転の1位通過となりました。

    続いて、脇田選手はMen Repechage R7 Heat2リパチャージR7。
    彼はダブルオーバーのビッグセットを捉え、大きなターンを繋げましたが、途中でワイプアウト。
    このライディングで5点台のスコアを獲得しましたが、その後は得点を伸ばすことができない。
    他の選手がエアーで9点台を獲得するなどしている中、脇田選手は差を縮めることができず、ヒート終了となった。

    EL SUNZALではWomena Repechage R4、5、6、7と過酷なヒートが行われる。
    Womena Repechage R4 Heat1に前田マヒナが登場。