NSA 一般社団法人日本サーフィン連盟

NEWS ニュース

【DAY1】2022 ISA WORLD SURFING GAMES

日本代表
PHOTO : ISA Ben Reed

2022 ISA World Surfing Games Returning to Huntington Beach,USA
競技1日目となる9月17日。
いよいよ2024パリ大会の選考大会となるワールドサーフィンゲームス(世界選手権)が開催。

ノースポジウムでは、ラウンド1ヒート1にはISA世界大会で3度の表彰台に立つ村上選手、
ヒート5にはオリンピック銀メダリストのカノア選手がクレジット。

PHOTO : ISA Pablo Jimenez


PHOTO : ISA Sean Evans

そしてサウスポディウムでは、2018にハンティントンで行われた世界ジュニア選手権U18優勝の上山選手が出場。
PHOTO : ISA Ben Reed


先日までの波もサイズもダウンし、また波数が少なくチョイス出来る波が少ない中、ポジションを決めヒートに臨み3名共にグットスコアをまとめ1位でラウンド2へ。
ラウンド2ではH1で村上選手が出場するも、ヒート開始後の3本のセットを掴んだ選手が優位に立ち、その後全く波が来ない状況となり、村上選手は一本も波に乗れずノーライドで試合が終了。

ハイタイドにより波が全く来なくなった為、この次のヒート2で中断となり、そのまま本日の競技は終了した。
明日はオープニングヒート3にクレジットのカノア選手は現地時間7:30よりサウスポディウムでスタート。
上山選手は現地時間8:50~H17がスタート。
村上選手は敗者復活戦に回りリパチャージ2のH2で12:20からスタートする。
波のコンディションによりCT選手も苦戦しているハンティントンビーチ、明日からは少しサイズも上がる予報。
波乗りジャパンの応援をお願いします。

LIVE中継はこちらから


選手のライディングやオフショット、ヒート結果など 最新情報はNAMINORI JAPAN 公式Instagramをフォローしてください!
最新情報はこちら → NAMIRNORI JAPAN 公式 Instagram