【2024年】ホットヨガスタジオおすすめ人気ランキング10選

【2023年】ホットヨガおすすめ人気ランキング10選

ホットヨガスタジオはどこがおすすめ?
そもそもホットヨガってどういう効果があるの?

ホットヨガに通うことを検討している人にとって、気になることは上記のような点でしょう。

この記事ではこうした疑問や関心にお答えして、「おすすめのホットヨガスタジオ」や「ホットヨガについてなどを詳しく解説していきます。

「ホットヨガに通って美しいカラダをつくりたい!」「リラックスしてストレス解消したい!」と考えている方はぜひ参考になさってください!

ぜひこの記事を参考にしてみてね!

かえでちゃん

地域別おすすめホットヨガ

この記事をまとめると…
  • ホットヨガには体験レッスンがあるので初心者でも通いやすい
  • 店舗によっては、タオルヨガマットなどのレンタルサービスもある
  • シャワー室やパウダールームが完備されているホットヨガスタジオも多い
  • 男女共用な店舗も多いので、男女カップルでホットヨガデートも実現できる
  • 人気のホットヨガスタジオは『LAVA(ラバ)
  • インストラクターの質・入会して良かった・初心者にオススメしたいなど合計7部門で1位を獲得(※)
    ※イー・クオーレ調べ:2020年10月(首都圏・京阪神在住の20~59歳の女性で、調査対象施設(ホットヨガ・フィットネス)を現在利用している方600名を対象にインターネット調査。)
  • 手ぶらで体験できるため、まずは体験ホットヨガを受けてみましょう
LAVA 

この記事の監修者

RiE

RiE

保有資格一覧
全米ヨガアライアンス認定200時間(RYT200)/IHTA認定ヨガインストラクター1級/JYIA認定ヨガインストラクター1級/JYIA認定マタニティヨガ/JYIA認定ヨガインストラクター2級講師/ヨガスポット認定ヴィンヤサフローヨガ200時間 解剖学講師
監修場所
ホットヨガスタジオを選ぶ際の基準/ホットヨガスタジオに関するQ&A
読者へのコメント
ホットヨガと一口に言っても、各スタジオによって様々な特徴があります。自分に合ったスタジオでたのしいヨガライフを送ってくださいね!
経歴
営業職をしていた時に、通っていたスポーツクラブでヨガに出会う。ヨガをした後の心と身体の変化に魅了され、ヨガの魅力を伝えていく仕事がしたいと思い資格を取得。その後、ヨガ講師としてヨガインストラクター養成講座を担当、全国にインストラクターを輩出。フリーランスとして独立後、ヨガスタジオ、スポーツクラブ、百貨店、オンラインにてレッスンを開催。プライベートでは男の子の育児を謳歌している。
ブログ・SNS等
Twitter:@iRiE_yoga_life
ブログ:https://irie-yoga-life.com

目次

ホットヨガおすすめ10選比較表

ホットヨガおすすめ10選比較表

スタジオ入会金・事務手数料月額料金レンタルプログラム数店舗数
LAVA入会金5,000円
手数料5,000円
6,800円〜15,800円バスタオル・水40種類440店舗以上
CALDO入会金11,000円
手数料5,500円
8,800円〜14,850円バスタオル・水36種類80店舗
LOIVE 入会金1,000円
手数料5,170円
8,888円〜15,620円バスタオル・ウェア上下・ヨガマット・水35種類62店舗
ZEN PLACE入会金22,000円9,625円〜16,940円ヨガマット15種類100店舗以上
ララアーシャ入会金10,000円
手数料5,000円
10,340円〜14,960円ウェア・タオル・ヨガマット23種類12店舗
アミーダ入会金5,000円
手数料5,000円
6,800円〜16,800円ウェア・フェイスタオル・水12種類36店舗
インシー入会金5,500円
手数料5,500円
12,980円〜18,700円ウェア・フェイスタオル・水29種類7店舗
HOT YOGA STUDIO O入会金5,000円
手数料5,000円
9,900円〜23,000円ウェア・フェイスタオル・水14種類5店舗
美温入会金3,300円
手数料3,300円
5,500円〜18,700円バスタオル・フェイスタオル23種類16店舗
ホットラックス入会金3,300円
手数料3,300円
9,680円〜17,600円水素水16種類2店舗

ホットヨガとは

ホットヨガとは

ホットヨガとは
常温で行うハタヨガから派生したヨガの一つです。

1970年代からインド人のビクラム・チョードリー氏によって考案された比較的新しいヨガで、発祥の地は日本だったと言われています。

2000年代になると、ホットヨガは日本でも一般的になり、多くの女性によって支持され、利用されるようになりました。

まさとくん

ホットヨガは日本の女性に大人気ですね!

通常のヨガとの違い

通常のヨガとホットヨガは、どちらも動きは同じですが、違いはヨガを行う環境です。

通常のヨガでは、23〜28度の常温の過ごしやすい環境で行い、自分の筋肉で熱を生み出します。

一方、ホットヨガは室温38度前後・湿度65%前後で行い、室内の温度で熱を生み出します。

ホットヨガでは、自分自身の熱と室温の熱による二重の効果で、通常のヨガより汗をかきやすく体がしなやかに動くようになるわけです。

ホットヨガ含め、おすすめのヨガスタジオについては、こちらの記事でも解説しているので、ぜひ参考になさってください。

ホットヨガのメリット

ホットヨガは高温多湿の環境でヨガを行うので、大量に発汗し新陳代謝が良くなります。

新陳代謝が良くなることで、カロリーが消費されます。

また、ホットヨガを通じて、日頃使わない筋肉を刺激することも期待できます。

すごくスッキリしそう!

かえでちゃん

ホットヨガのデメリット

一方、ホットヨガは高温多湿の状況で行うため、呼吸がしづらいと感じる方もいます。

また、汗を大量にかくため、水分を適切に補給しないと、水分不足で体調が悪くなってしまう可能性もあるでしょう。

そのため、水分補給をしっかりと行うことが大切です。

まさとくん

こまめに水分を補給しましょう!

ホットヨガスタジオを選ぶ際の基準

ホットヨガスタジオを選ぶ際の基準 ホットヨガスタジオを選ぶ際の基準は、主に以下の5点です。

ホットヨガスタジオを選ぶ際の基準
  • 通いやすさ
  • 雰囲気の良さ
  • プログラムの充実さ
  • レンタルサービス
  • 体験レッスン

まさとくん

ホットヨガスタジオを選ぶ際のポイントを解説していきますね!

通いやすさ

通いやすさ

仕事や育児で時間があまり取れない人にとって、通いやすさは非常に大切と言えます。

なぜなら、店舗まで距離がある場合、行くのが面倒になってしまったり、モチベーションの維持が難しくなってしまうからです。

  • 自宅や会社の近くにあるか
  • 最寄り駅からの徒歩何分くらいか
  • 車で通う場合はスタジオ周りの駐車場を利用しやすいか
  • 営業時間は何時から何時までか

通いやすさを評価するのには、これらの点をまずチェックするようにしましょう。

CALDOは、全国80店舗展開しており、通いやすさ4年連続で1位(※)の実績を誇ります。
※2022年4月30日株式会社東京商工リサーチ調べ

ほとんどの店舗が駅近で、事前予約も不要となっています。

そのため、仕事終わりなどの好きなタイミングで通うことができるでしょう。

雰囲気の良さ

雰囲気の良さ

ホットヨガスタジオを選ぶにあたって、雰囲気の良さは非常に重要です。

ホットヨガでは、より効果的な効果を得るために、様々な空間演出をスタジオごとに行なっています。

ホットヨガに集中するための照明や音楽もさまざまなので、体験レッスン口コミを見て自分にあった雰囲気のスタジオを選びましょう。

プログラムの充実さ

プログラムの充実さ

ホットヨガには、さまざまなプログラムが存在します。 自分のしたいプログラムが店舗にあるかどうかが、選ぶ際にポイントとなってくるでしょう。

おすすめのプログラムは以下の5点です。

リラックスヨガ腹式呼吸を行うことでリラックスし、胸や肩を丁寧にほぐします。
骨盤調整ヨガ骨盤や関節を動かすことで深層筋を鍛え、しなやかな身体づくりを目指します。
パワー系ヨガ呼吸と動きを連動させながらポーズをとって行くため、運動不足を解消できます。
エナジーヨガ壮大な音楽とともにポーズをとることで、身体のエネルギーを体の芯から高めることができます。
美腸ヨガ呼吸やポーズによって腸に刺激を与え、便秘下痢の解消に働きかけます。

レンタルサービス

レンタルサービス

ホットヨガスタジオでは、手ぶらでも通えるように、レンタルサービスを行っている店舗が増えてきています。

レンタルの内容として、ヨガマットタオルヨガウェアなどを貸し出しており、荷物を極力減らしたい人にとってはおすすめのサービスです。

店舗ごとにレンタルサービスの内容が異なってくるので、利用する際は店舗に確認してみましょう。

荷物を忘れてしまってもレンタルできるのは嬉しいですね!

かえでちゃん

体験レッスン

体験レッスン

ホットヨガを利用したことがない人にとって、ヨガの流れ雰囲気などわからない人がほとんどでしょう。

そのような方のために、多くの店舗では体験レッスンを取り入れています。

無料で開催されているところもあるため、気軽に行くことが可能です。

体験レッスンでは、ホットヨガ初心者の方がほとんどであり、体力に自信がない方でも丁寧に教えてもらえます。

LAVAでは、随時キャンペーンを実施しており、お得に手ぶらで体験することができます。

まずは気軽に体験してみると良いでしょう。

まさとくん

手ぶらで体験できるのはいいですね!

ホットヨガスタジオおすすめ比較ランキング10選

ホットヨガスタジオおすすめ比較ランキング10選 人気のホットヨガスタジオを比較して一覧にすると、以下の10カ所になります。

おすすめホットヨガスタジオ10選
  1. LAVA(ラバ)
  2. CALDO(カルド)
  3. LOIVE (ロイブ)
  4. ZEN PLACE(ゼンプレイス)
  5. Lala Aasha(ララアーシャ)
  6. AMI-IDA(アミーダ)
  7. INSEA(インシー)
  8. HOT YOGA STUDIO O(ホットヨガスタジオオー)
  9. 美温(ビオン)
  10. HOTLUX(ホットラックス)

まさとくん

順番に紹介していきますね!

LAVA(ラバ)

LAVA 
入会金・事務手数料入会金5,000円(税込)
事務手数料5,000円(税込)
施設使用料2,500円
月額料金6,800円〜15,800円(税込)
別途運営管理費480円/月
レンタルサービスバスタオル・水
プログラム数40種類以上
店舗数450店舗以上

LAVA(ラバ)は現在設立19年目を迎えており、体験者が240万人(2022年11月時点)を突破している老舗のホットヨガスタジオです。

LAVA (ラバ)は、「ヨガで一人でも多くの人を幸せに」をコンセプトに全国展開しているブランドになります。

ホットヨガといえばLAVA(ラバ)の名前が挙がるように、認知度も非常に高いと言えるでしょう。

ここでは、LAVA(ラバ)の特徴について解説していきます。

LAVA(ラバ)の設備・雰囲気

LAVA(ラバ)では、ヒーターで室内に熱を送るため、自由自在に温度調節が可能です。

独自のプログラムの内容に合わせて温度を上下させており、プログラムの効果を最大限発揮できるような調整がなされています。

また、ロッカールームシャワールームも充実しており、パウダールームも心地よく使えるため、女性でも安心して通うことができるでしょう。

LAVA(ラバ)のプログラムの内容

LAVA(ラバ)のプログラムは40種類以上取り扱っており、初心者向けのベーシックから上級者向けのパワー系まで幅広くあります。

在籍している98%の会員が効果を実感(※)しており、初心者向けのプログラムも充実しているのも魅力的といえます。
※LAVA会員向けアンケートより(回答者 約1,700名)効果には個人差があります

また、「睡眠ヨガ」や「美フェイスランヨガ」など、LAVA(ラバ)オリジナルのスペシャルプログラムもあるので、目的別に選んでみるとよいでしょう。

LAVA(ラバ)の通いやすさ

LAVA(ラバ)は、全国に440店舗を構える日本最大級のホットヨガスタジオなので、通いやすさは抜群と言えるでしょう。

ほとんどの店舗が駅から徒歩3分以内に展開しているため、どこに住んでいても通いやすくモチベーションが維持しやすいのが特徴です。

また、1店舗の月額費で2店舗通えるプラスワン制度も実施しているので、自宅と会社どちらとも近い店舗を登録するのがいいでしょう。

CALDO(カルド)

CALDO 
入会金・事務手数料入会金11,000円(税込)
事務手数料5,500円(税込)
月額料金8,800円〜14,850円(税込)
レンタルサービスバスタオル・水
プログラム数36種類以上
店舗数80店舗以上

CALDO(カルド)は、ホットヨガ7部門で1位を獲得している最大手ホットヨガスタジオです。

現在でもその店舗数は増えており、内装の清潔さやスタッフの対応が評価されています。

ここでは、CALDO(カルド)の特徴について見ていきましょう。

CALDO(カルド)の設備・雰囲気

CALDO(カルド)では、スタジオに遠赤外線床暖房銀イオンスチームを使用しています。

遠赤外線床暖房は血液に浸透するため、体を芯から温めることができます。

また、内装はホテルのような豪華な雰囲気。

テンションも上がること間違いないでしょう。

CALDO(カルド)のプログラム内容

CALDO(カルド)では、リラックスからダイエットストレス解消まで、計38種類のプログラムがあります。

また、プログラムの中にはビギナーヨガのプログラムがあり、ホットヨガを丁寧に行いながら、基本的な呼吸法について教わることが可能です。

呼吸法は全てのヨガのプログラムに応用できるので、ビギナーヨガでしっかり身体に落とし込みましょう。

CALDO(カルド)の通いやすさ

CALDO(カルド)は全国87店舗展開しており、都会住みの方であれば、比較的通いやすいでしょう。

どの店舗も駅近で通いやすい立地にあるので、経済的にもありがたいですね!

かえでちゃん

LOIVE (ロイブ)

loIve 
入会金・事務手数料入会金1,000円(税込)
事務手数料5,170円(税込)
別途施設利用料2,530円
月額料金8,888円〜15,620円(税込)
別途施設維持費220円/月
レンタルサービスバスタオル・ウェア上下・ヨガマット・水
プログラム数35種類以上
店舗数60店舗以上

LOIVE (ロイブ)は、「日本の女性がもっと自分を好きになって輝いてほしい」という思いから生まれたホットヨガスタジオです。

スタッフも99%が女性であり、女性専用のスタジオなので、女性向けに特化したホットヨガスタジオと言えるでしょう。

ここでは、LOIVE(ロイブ)の特徴についてみていきます。

LOIVE (ロイブ)の設備・雰囲気

LOIVE(ロイブ)では、電気サウナストーブ遠赤外線ヒーターなどの最先端システムを取り入れています。

また、スタジオによってはコラーゲンランプによる美容効果や、CO2測定器での徹底した換気など、設備の豊富さは抜群です。

全体的なスタジオの雰囲気としては、木目調の素材が使われており、居心地の良さを感じることができるでしょう。

LOIVE (ロイブ)のプログラム内容

LOIVE(ロイブ)では、常に新しいプログラムを追加していることで有名です。

オリジナルのプログラムは「膣トレビューティヨガ」「腸活ヨガ」などのマイナーなものも取り揃えています。

また、復活レッスンと題して、過去に人気があったプログラムを定期的に復活させて行うイベントもあります。

ホットヨガ中〜上級者の方でも飽きないプログラムが更新されているため、新しくスタジオを契約したい人にもおすすめです。

他にも初心者の方には、アロマリラックスヨガがおすすめです。

アロマリラックスヨガでは、ヨガとアロマの香りで不安や緊張を解きほぐし、初心者の方や運動が苦手な方でも楽しめるでしょう。

LOIVE (ロイブ)の通いやすさ

LOIVE(ロイブ)では全国に62店舗展開しているので通いやすいと言えます。

また、パウダールームには化粧水や乳液なども完備しているため、気軽に通うことができるでしょう。

ZEN PLACE(ゼンプレイス)

ZEN PLACE(ゼンプレイス) 
入会金・事務手数料22,000円(税込)〜
月額料金9,625円〜16,940円(税込)
レンタルサービスヨガマット
プログラム数15種類
店舗数100店舗以上

ZEN PLACE(ゼンプレイス)は、「Well-BEINGをライフスタイルに」をコンセプトに、世界レベルのヨガを提供し続けているホットヨガスタジオです。

世界中の指導者や最先端AIから学んだ最先端テクノロジーを生かして、情熱を持って指導を行なっています。

ここでは、ZEN PLACE(ゼンプレイス)の特徴についてみていきましょう。

ZEN PLACE(ゼンプレイス)の設備・雰囲気

ホットヨガスタジオは基本的に室温を35〜38度程度に設定していますが、ZEN PLACE(ゼンプレイス)では、少し低い27度ほどに設定しています。

設備において突出した特徴はありませんが、熱すぎる環境でホットヨガをやりたくない方にとっては、ZEN PLACE (ゼンプレイス)がおすすめです。

また、ZEN PLACE(ゼンプレイス)では、全ての店舗で男女共用で利用できます。

男性でも気軽に利用することができるため、男性にとってのスタジオ雰囲気も良いでしょう。

ZEN PLACE(ゼンプレイス)のプログラム内容

ZEN PLACE(ゼンプレイス)では、業界初の「背骨ムーブメント解析」を行なっており、背骨に意識を集中した独自の「モダン・ヨガ」を取り入れています。

「モダン・ヨガ」とは、ポーズの美しさではなく身体の機能性を重視し、心や脳まで変化させることを目標としているヨガです。

身体の機能性を向上させることで内臓や自律神経も整い、私生活から変化を感じられるでしょう。

また、ZEN PLACE(ゼンプレイス)では、他のスタジオにはないプライベートレッスンも行っています。

大人数でのレッスンが苦手な人や、マンツーマンで教わりたい方にはおすすめです。

ZEN PLACE(ゼンプレイス)の通いやすさ

ZEN PLACE(ゼンプレイス)は全国100店舗以上展開しており、グループ店舗の他店利用が可能です。

そのため、通いやすさは抜群といえます。

また、時間がなく通いづらい方でも、オンライン講座を受講できるため、ぜひ活用してみるとよいでしょう。

Lala Aasha(ララアーシャ)

Lala Aasha(ララアーシャ) 
入会金・事務手数料入会金10,000円(税込)・手数料5,000円(税込)
月額料金10,340円〜14,960円(税込)
レンタルサービスウェア・タオル・ヨガマット
プログラム数23種類
店舗数12店舗

Lala Aasha(ララアーシャ)は、「あなたのONとOFFの間にある、セミプライベート・スタジオ」をコンセプトにしたホットヨガスタジオです。

自宅にいるような心地よさと、仕事をしている時の緊張感の間にある絶妙な温度感を大切にしています。

ここでは、Lala Aasha(ララアーシャ)の特徴について見ていきましょう。

Lala Aasha(ララアーシャ)の設備・雰囲気

Lala Aasha(ララアーシャ)では、桜島の天然溶岩を床に敷き詰めており、温度36度・湿度60度の環境でホットヨガを行います。

床に敷き詰められた溶岩ヨガでは、ヒーターや加湿器などと違い、別の空気が発生しないため全く息苦しくありません。

また、床下から加熱するため、足元からしっかり体が温まります。

反射する遠赤外線による間接的な温めなので、保温効果が長く続きます。

Lala Aasha(ララアーシャ)のレッスンは少人数制のため、アットホームな雰囲気で楽しくヨガをすることができるでしょう。

Lala Aasha(ララアーシャ)のプログラム内容

Lala Aasha(ララアーシャ)では、5つのコースと23種類のレッスンメニューが用意されています。

オリジナルのプログラムとして人気が高いのは「ホイールヨガ」と呼ばれる、ホイールを使ったヨガです。

ホイールを利用することで、体が硬く柔軟が苦手な人でも簡単にポージングをすることができ、体幹を鍛えることもできます。

他にも、「月のヨガ」や「朝の太陽ヨガ」などのオリジナルプログラムも準備されているため、興味のある方は体験レッスンを受けてみましょう。

Lala Aasha(ララアーシャ)の通いやすさ

Lala Aasha(ララアーシャ)の全ての店舗は、最寄りの駅から徒歩4分圏内にあるので、気軽に通うことができます。

しかし、店舗数は12店舗とやや少なめなので、通いたい方は近くにスタジオがあるか調べてみましょう。

AMI-IDA(アミーダ)

AMI-IDA(アミーダ) 
入会金・事務手数料入会金5,000円(税込)・事務手数料5,000円(税込)
月額料金6,800円〜16,800円(税込)
レンタルサービスウェア・フェイスタオル・水
プログラム数12種類
店舗数36店舗

AMI-IDA(アミーダ)は「蓮の花のような心身ともに美しく輝く女性になってほしい」というコンセプトで設立されたホットヨガスタジオです。

アミーダという名前には「無量の光」という意味が込められており、ストレスの多い現代社会でも輝きを失わないという信念のもと指導にあたっています。

ここではAMI-IDA(アミーダ)の特徴についてみていきましょう。

AMI-IDA(アミーダ)の設備・雰囲気

AMI-IDA(アミーダ)は、溶岩石を床に敷き詰めた女性専用の溶岩ホットヨガスタジオです。

オリジナルでバリ島が生まれの溶岩石を使用し、約2万個の穴から直接遠赤外線効果を実感できる溶岩マットを使用することができます。

これによって、他の溶岩ホットヨガスタジオよりも遠赤外線効果を感じ芯から温まることができるでしょう。

レッスンは少人数制で女性専用なので人目を気にすることがあまりなく、落ち着いた雰囲気でレッスンを受けることも可能です。

AMI-IDA(アミーダ)のプログラム内容

AMI-IDA(アミーダ)では初心者の方や、上級者の方など個人のレベルに合わせた多種多様のプログラムを準備しています。

インストラクターによる一人一人のお悩みに適した「パーソナル型サポート」を徹底して行うことで、良質なプログラムを提供することが可能です。

パーソナル型サポートではカウンセリングの時間もあるので、悩んでることや不安があれば随時報告しましょう。

AMI-IDA(アミーダ)の通いやすさ

AMI-IDA(アミーダ)は商業施設内に多く入っているので、子連れの方やお買い物に来た際でも気軽に立ち寄ることができます。

地域密着型で少人数制のレッスンなので、インストラクターに教えてもらう時間が多く、初心者でも通いやすいと言えるでしょう。

INSEA(インシー)

INSEA(インシー) 
入会金・事務手数料入会金5,500円(税込)・事務手数料5,500円(税込)
月額料金12,980円〜18,700円(税込)
レンタルサービスウェア・フェイスタオル・水
プログラム数29種類
店舗数7店舗
INSEA(インシー)は、「体温+1℃上昇」をコンセプトに展開しているホットヨガスタジオです。

ここでは、INSEA(インシー)の特徴について見ていきましょう。

INSEA(インシー)の設備・雰囲気

INSEA(インシー)は、富士山の天然溶岩を床に敷き詰めるマグマスパスタジオが特徴的な設備です。

遠赤外線効果によりスタジオ内の空気がマイナスイオンになることで、非常にリラックスしながらホットヨガを楽しめます。

INSEA(インシー)のプログラム内容

INSEA(インシー)では、4つのコースと29種類のレッスンメニューが準備されています。

その中でも、INSEA(インシー)のプログラムの特徴として、メンテナンス系のヨガを4種類ほど行うことが可能です。

INSEA(インシー)の通いやすさ

INSEA(インシー)は、東京都内に7店舗しかないため、対象のエリアに住んでいる方しか利用できません。

そのため、通いやすいとは言いにくいでしょう。

HOT YOGA STUDIO O(ホットヨガスタジオオー)

HOT YOGA STUDIO O(ホットヨガスタジオオー) 
入会金・事務手数料入会金5,000円(税込)・事務手数料5,000円(税込)
月額料金9,900円〜23,000円(税込)
レンタルサービスウェア・フェイスタオル・水
プログラム数14種類
店舗数5店舗

HOT YOGA STUDIO O(ホットヨガスタジオオー)は「調和のとれた精神と肉体」「優美な時間」「洗練された美しさ」の3つを重要視しているホットヨガスタジオです。

ここではHOT YOGA STUDIO O(ホットヨガスタジオオー)の特徴について見ていきましょう。

HOT YOGA STUDIO O(ホットヨガスタジオオー)の設備・雰囲気

HOT YOGA STUDIO O(ホットヨガスタジオオー)ではスタジオが非常に広く、自分のパフォーマンスに集中して取り組むことが可能です。

また、優れた消臭・除菌効果を発揮する Comforblowを取り入れることで、嫌な匂いが無くいつでも快適にホットヨガを楽しめます。

HOT YOGA STUDIO O(ホットヨガスタジオオー)のプログラム内容

4つのコースと14種類のレッスンメニューがあり、ベーシックコースでは60〜90分までのコースがあります。

90分コースはポーズと運動量が多いので、やや上級者向けと言えるでしょう。

他にもパワーアクティブコースなどといった全身を引き締める運動量の多いレッスンもあるので、上級者の方は挑戦してみてください。

HOT YOGA STUDIO O(ホットヨガスタジオオー)の通いやすさ

HOT YOGA STUDIO O(ホットヨガスタジオオー)は全国で5店舗、都内に2店舗しかないので通いやすいとは言えないです。

姉妹店のホットヨガサロン・ラビエは全国に12店舗あるので、そちらもチェックしてみましょう。

美温(ビオン)

美温(ビオン) 
入会金・事務手数料入会金3,300円(税込)・事務手数料3,300円(税込)
月額料金5,500円〜18,700円(税込)
レンタルサービスバスタオル・フェイスタオル
プログラム数23種類
店舗数16店舗

美温(ビオン)は「美しい人は温かい」をコンセプトに、体温を上げることを目的としたホットヨガスタジオです。

店舗数はまだ16店舗ですが、関東を中心として店舗数を伸ばしてきています。

ここでは美温(ビオン)の特徴について見ていきましょう。

美温(ビオン)の設備・雰囲気

美温(ビオン)は富士の溶岩石を使って水蒸気を発生させ、効率的に体温を上昇させることを目的としたホットヨガスタジオです。

富士の溶岩はミネラルを多く含んでいるので、マイナスイオンを発生させリラックス効果が期待できます。

汗をかきにくい方でも遠赤外線効果で芯から温まるので、発汗しやすいでしょう。

また、美温(ビオン)はスポーツクラブNASが運営しているので、併設しているスパやジャグジーも利用可能です。

美温(ビオン)のプログラム内容

美温(ビオン)のプログラムは23種類のレッスンがあり、その内7種類は初心者用コースなので不安な方でも気軽に受講が可能です。

中でも独特な「bion 心トキメキYOGA」のレッスンは人に好印象を与えられるように、目元のケアから全身の姿勢づくりまでヨガの基礎を教わることができます。

他にもストレッチピラティスバレエボールエクササイズのレッスンがあるので、自分の目的に応じたレッスンを受講しましょう。

美温(ビオン)の通いやすさ

美温(ビオン)は全国で16店舗、都内に5店舗しかないので通いやすいとは言えません

ですが、美温(ビオン)はスポーツクラブNASの中に併設されているので、スポーツクラブに通っている人には通いやすいと言えるでしょう。

HOTLUX(ホットラックス)

HOTLUX(ホットラックス) 
入会金・事務手数料入会金3,300円(税込)・事務手数料3,300円(税込)
月額料金9,680円〜17,600円(税込)
レンタルサービス水素水
プログラム数16種類
店舗数2店舗

  HOTLUX(ホットラックス)は「美熱快汗」をコンセプトに温まって心地よく汗をかき綺麗になることを目標としていうホットヨガスタジオです。

自然の力が溢れる空間で、心身のバランスを整える価値のある時間を提供します。

ここではHOTLUX(ホットラックス)の特徴について見ていきましょう。

HOTLUX(ホットラックス)の設備・雰囲気

HOTLUX(ホットラックス)は富士の岩盤石を床に敷き詰め、水蒸気で体を温めるマグマヨガスタジオです。

スタジオ内の店員を減らしているため、他の人との距離が十分取れており快適にホットヨガを楽しめます。

また定期的な換気やレッスン前の消毒など、感染予防対策もしっかりされているのでスタジオ内の雰囲気も良いと言えるでしょう。

ティップネスに併設されているので浴槽エリアも完備されており、汗を流した後ゆっくりお風呂にも入れるのはいいですね。

HOTLUX(ホットラックス)のプログラム内容

HOTLUX(ホットラックス)では、アクティブなヨガからリラックスして行うヨガまで、6レッスン16種類のホットヨガが準備されています。

特におすすめの「スタイルアップヨガ」では、筋力トレーニングとYOGAが融合したボディメイクのホットヨガであり、大量の汗を掻くことが期待できるでしょう。

身体に多くの負荷をかけ筋肉の引き締めもプログラムで行えるので、ダイエットがしたい方におすすめです。

HOTLUX(ホットラックス)の通いやすさ

HOTLUX(ホットラックス)は木場店新百合ヶ丘店2店舗しかないので、最寄りに近い人以外は通いやすいとは言えないでしょう。

【地域別】おすすめのホットヨガスタジオ

【地域別】おすすめのホットヨガスタジオ

ここでは、地域別におすすめのホットヨガスタジオを紹介していきます。

地域別でおすすめのホットヨガスタジオを知りたい方は、以下を参考にしてみてください。

東京でおすすめのホットヨガスタジオ

ヨガスタジオ名東京の店舗数
LAVA
LAVA
101店舗
CALDO
CALDO
31店舗
loiveLOIVE9店舗

東京でおすすめのホットヨガスタジオは、こちらの記事でより詳しく解説しているので、参考になさってください。

大阪でおすすめのホットヨガスタジオ

ヨガスタジオ名大阪の店舗数
LAVA
LAVA
44店舗
CALDO
CALDO
5店舗
loiveLOIVE4店舗

大阪のおすすめホットヨガスタジオは、こちらの記事で詳しく解説しています。

ぜひ参考になさってください。

名古屋でおすすめのホットヨガスタジオ

ヨガスタジオ名名古屋の店舗数
CALDO
CALDO
2店舗
LAVA
LAVA
7店舗
loiveLOIVE1店舗

名古屋でおすすめのホットヨガスタジオは、こちらの記事で詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

京都でおすすめのホットヨガスタジオ

ヨガスタジオ名京都の店舗数
CALDO
CALDO
2店舗
LAVA
LAVA
12店舗
ロイブLOIVE1店舗

京都でおすすめのホットヨガスタジオについては、こちらの記事でも解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

福岡でおすすめのホットヨガスタジオ

ヨガスタジオ名福岡の店舗数
CALDO
CALDO
1店舗
LAVA
LAVA
18店舗
ロイブLOIVE1店舗

福岡のホットヨガスタジオをお探しの方は、こちらの記事で詳しく紹介していますので、ぜひご覧になってください。

横浜でおすすめのホットヨガスタジオ

ヨガスタジオ名横浜の店舗数
CALDO
CALDO
7店舗
LAVA
LAVA
22店舗
zen place yoga zen place yoga8店舗

横浜のおすすめホットヨガスタジオについては、こちらの記事でも紹介していますので、参考にしてみてください。

初心者でも通いやすい「LAVA」

LAVA 

ホットヨガスタジオは、ヨガ初心者だと入会するのにかなり難易度が高く感じられますよね。

ホットヨガでは多くのポーズをとるパワー系のヨガと、リラックスした状態で行うリラックスヨガなどがあります。

初心者の方は慣れるまでリラックス系のヨガを受けてみて、ある程度ヨガに慣れてきたら、パワー系などの筋肉を刺激するヨガもやってみるのがおすすめです。

また、入会するまでに不安な初心者の方でも、LAVA(ラバ)では手ぶらでホットヨガの体験が受けられます。

LAVA(ラバ)のインストラクターは経験豊富なので、初心者でも一人一人の体調やレベルに合わせて指導をしてくれます。

体験レッスンではリラックス系のプログラムも行っているので、ハードルが高く入会を迷っている初心者の方は、体験レッスンから受けてみましょう。

まさとくん

初心者でも気軽に体験できるのはいいですね!

男女共用で利用できる「ZEN PLACE」

ZEN PLACE(ゼンプレイス) 

カップルや男女の友達でホットヨガを楽しみたい方にとって、男女共用で使用できるかどうかは重要です。

ホットヨガでは汗をたくさんかくため、どうしても女性専用の方が好まれます。

しかし、最近ではスタジオの店舗数が大幅に増え、男性のヨガに対する興味も増加。

そのため、ZEN PLACE(ゼンプレイス)などの男女共用ホットヨガスタジオも増えています。

カップルでホットヨガをしてみたい方は、男女共用のホットヨガスタジオに行ってみましょう。

溶岩ヨガなら「CALDO」

CALDO 

岩盤ヨガとは、スタジオ内の床に岩盤石を敷き詰めて行うヨガのことです。

岩盤石から出る遠赤外線によって体の芯から温まることができ、ホットヨガとは違った自然由来の美容効果が期待できます。

また、岩盤石にはミネラルが沢山含まれているので、マイナスイオン効果も同時に得ることが可能です。

CALDO(カルド)では男女共用の溶岩ヨガができるので、溶岩ヨガに興味ある方はぜひ体験に行ってみましょう。

私も溶岩ヨガに行ってみたいです!

かえでちゃん

【初心者必見】ホットヨガスタジオに通うまでの手順

【初心者必見】ホットヨガに通うまでの手順 ここでは、ホットヨガに通うまでの手順を解説していきます。 これからホットヨガに通おうと思っているあなたは、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

ホットヨガに通うまでの手順
ここに文章

  1. 公式HPを開く
  2. エリア選択
  3. レッスンを選択
  4. 連絡先記入

公式HPを開く

公式HPを開く

まずは公式HPを開きましょう。

LAVA公式HPはこちら

続いて、「手ぶら体験を予約する」を押してください。

エリア選択

エリア選択1

まずは、エリア選択(いきたい店舗選び)をします。

「性別」「来店人数」を記入してください。 エリア選択2

自分が通いやすいエリアを選択しましょう。 エリア選択3

上記画像のように、「女性専用」「スタジオの設備」等が書いてありますので、近くて設備が整っている店舗が良さそうですね。

レッスンを選択

レッスンを選択1

行きたい店舗を選択したら、レッスンを選択しましょう。レッスンを選択

時間帯等を確認して、「予約」を押します。

連絡先記入

連絡先を記入

最後に連絡先を記入します。

全ての記入が終わったら、予約は完了です。

ホットヨガスタジオに関するQ&A

ホットヨガに関するQ&A ホットヨガに関して、特に多い疑問点は以下のようなものです。

ホットヨガに関する疑問点
  • ホットヨガの費用はどれくらい?
  • ホットヨガはどのくらいの頻度で通えばいい?
  • ヨガとピラティスの違いは?
  • ホットヨガで痩せられますか?
  • ホットヨガをやってはいけない人は?

まさとくん

それぞれの疑問点についてお答えしていきます!

ホットヨガの費用はどれくらい?

ホットヨガの費用は、月に大体3000円〜5000円です。

初めは体験無料のところもあるので、まずは体験に行って確認してみると良いでしょう。

ホットヨガはどのくらいの頻度で通えばいい?

ホットヨガは週3日ほど通うのがおすすめです。

最初のうちは通うのがおっくうになるかもしれませんが、習慣化すれば通いやすくなります。

ヨガとピラティスの違いは?

ヨガとピラティスでは、目的や呼吸法が異なります。

ヨガは腹式呼吸を行うことで、リラックスすることが主な目的。

一方、ピラティスは胸で呼吸を行う胸式呼吸で、インナーマッスルを鍛えます。

ヨガは精神面を整え、ピラティスは身体を整えるといったイメージをすると良いでしょう。

ホットヨガで痩せられますか?

ホットヨガを利用しても、痩せられるとは限りません

痩せることにおいて重要な要素は、以下のようになるからです。

  • 目標の設定
  • 適度な運動
  • 十分な睡眠
  • ストレスの管理
  • 摂取カロリーの計算

上記の要素を押さえたうえで、ホットヨガを有効活用してください。

ホットヨガに通いながら、高カロリーな食事を取っていたら、痩せるのは難しいですよ。

かえでちゃん

ホットヨガを利用し健康的なライフスタイルを確立すれば、痩せられることにも近づけるでしょう

ホットヨガをやってはいけない人は?

ホットヨガを推奨しない人は、以下のとおりです。

  • 妊娠している女性
  • 血圧が気になる人
  • 慢性的な病気を持つ人
  • 高齢で体力に自信がない人
  • 脱水症状や熱中症になりやすい人

上記に当てはまる方は、ホットヨガの利用に気をつけてください。

ホットヨガは38度から40度の室内で行うため、普段とは異なる特殊環境になります。

妊娠中の女性は、体調が不安定なことに加え、胎児への安全性は確認されていないため注意が必要です。

かえでちゃん

慢性的な病気を持つ人がホットヨガを利用したい場合は、必ず医師に相談してください。

ホットヨガで思わぬトラブルを起こさないためにも、健康状態を把握しておきましょう

【まとめ】ホットヨガスタジオおすすめ比較ランキング10選

【まとめ】ホットヨガスタジオおすすめ比較ランキング10選 ホットヨガでは今回紹介してきた通り多くのメリットがあり、優れたサービスを提供しているホットヨガスタジオが多数あります。

それぞれのスタジオ毎に特徴が異なるため、自分の目的にあったスタジオを選ぶようにしましょう。

どのホットヨガスタジオにすべきか迷った場合や、特にこだわりのない場合は、今回紹介したスタジオを参考にしてみてください。

「ホットヨガに通ってスッキリしたい!」と考えている方は、ぜひ今回紹介したホットヨガスタジオをぜひ試してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です